人気ブログランキング |

親子グマの行動範囲

新たなフィールドで5月3日に出会った親子グマは、少なくとも、私が観察することができた5日までの3日間、同じ場所に留まっていました。ただ、もっと前からここに居た可能性は高く、これまでの別の親子グマの観察例も併せて考えると、子連れのクマの行動はとても狭い範囲に限られていると思われます。

1歳の子グマを連れた親子の行動範囲は、半径100m前後でした。今回出会った親子は2歳の子グマが1頭でしたが、その行動範囲も同程度のものでした。ただ、子グマの運動能力が格段に高くなっていることや、主な餌となる植物の生育状況や季節の進行により、少しずつ場所を移動するものと思われます。


右が子グマ
a0087133_23581171.jpg


子グマがこちらに歩いてくるので、心配そうな母グマ
a0087133_23595598.jpg


子グマの毛が逆立っている。これ以上近づいてくるなよ・・・
a0087133_01946.jpg


子グマと私の間に割って入る母グマ
a0087133_025238.jpg
以上 Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS



なお、6年ほど観察を続けてきたメスのクマは、5月6日現在、姿を見せていません。
by fieldnote | 2013-05-07 00:10 | ツキノワグマ