人気ブログランキング |

ツキノワグマが食べていたもの  その1

私がフィールドにしている五葉山域には何頭かのツキノワグマが生息しています。しかし、用心深いツキノワグマは人の前に姿を現すことはほとんどありません。が、きのうは運良く大きなオスグマに出会うことができました。

最初に見かけたのは車の中から。約50m先で地面を掘って何かを食べるような仕草をしています。ずっとうつむいたまま顔を上げることなくゆっくりと歩いていて、やがて木陰に入り見えなくなってしまいました。

しばらくしてから、歩いていった方向とスピードを考え、いるにちがいないと見当をつけた辺りに行ってみることにしました。何を食べているのか興味があったからです。丘の向こうの窪地に向けて用心深くゆっくり歩いて行きます。いて欲しいという思いと、近くにいたらどうしよう・・・という思いが交錯し、足がだんだん動かなくなってきました。腰のクマ撃退スプレーをすぐに取り出せるようにケースの口を緩め、500ミリのレンズを付けた重たいカメラを持ち直し気持ちを奮い立たせて進みます。もう車からは100m以上離れてしまいました。このドキドキ感は久しぶり。

下の沢が見える位置まで来て、首をキリンのように伸ばして下を見下ろすと・・・

a0087133_22215850.jpg
Canon EOS40D  EF70-200mm  F2.8L IS              9月16日撮影

いました! 距離はおよそ7050m、幸い風は正面左手から強く吹いていて、匂いや音はクマに届きません。クマは先ほど見たときと同じ姿勢で、しきりと何かを食べています。
by fieldnote | 2007-09-17 22:55 | ツキノワグマ