人気ブログランキング |

オジロワシ ペア復活

ワシシーズン真っ盛りということで、遠い遠い岩手県北部沿岸まで遠征してきました。就活の合間を縫って鳥見に勤しむ熱心なバードウォッチャー、大学生のKさんも一緒です。

今回の目的は、いつもやって来るオジロワシのメス。新しい?パートナーができたという情報をいただき、確認したくてやって来ました。

いつものポイントを探していると、Kさんが「あれ、オジロじゃないですか?」。今まで、とまっているところを見たことがない、道路から近い木にいたので、私はトビかと思ってスルーしていたのですが・・・


右がいつものメス(ハシワレ)です。オスはからだが小さく、比較的若い感じです。以前の相手(クロメ)とはちょっと違う雰囲気でした。
a0087133_8365941.jpg

a0087133_8371994.jpg
  以上 Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS  1月22日撮影

やがて、メスが下流に飛び去り、しばらくしてからオスも後を追いました。おそらく、河原におりてサケを食べているのだろうと思い移動してみると、思った通りの場所でカラスやトビに嫌がらせをされながら、サケをついばんでいました。

午後遅く、ずうっと上流のイヌワシの営巣地に行ってみましたが、年末から年明けにかけて大荒れの天候が続いたため、巣の上には大量の雪が載っていてイヌワシの姿はありませんでした。予想していたこととはいえ、残念です。

夕方、薄暗くなる頃に、オジロワシのねぐらを確認するとオスがとまっていました。やがて、メスもやって来て就寝前の羽繕いを始めました。
by fieldnote | 2011-01-23 08:56 | オジロワシ

ペア復活? オジロワシ

午後3時過ぎに、沿岸部の「ワシ」エリアに寄ってみました。河口は引き潮で川の中州が大きく広がり、あちこちにサケが転がっていました。トビやカモメがつついていましたが、肝心のオオワシは姿を現しませんでした。

下流部に移動し、ねぐら周辺でオジロワシの姿を探しましたが、こちらも見えません。今日は空振りか・・・と少し暗い気持ちになりましたが、一カ所探していない場所があったのを思い出し、いつもは車で入る所ですが、今日は歩いて行って見ました。

もうすぐ川が見える辺りまで来たとき、すぐ先の背の高い草藪の向こうの中州から、いきなり飛び立ったのはオジロワシの成鳥。バサッバサッという羽音がよく聞こえました。薄暗い時間帯でもあり、まさか居るとは思わず双眼鏡だけの「丸腰」でやって来たので、もちろん撮影はできません。下の画像は過去のもの(2007年2月撮影)から、似たような場面を探し出して載せています。
a0087133_2323851.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN EF500mm F4LIS+ Extender×1.4Ⅱ

対岸の枝に止まったのを見ていたら、続いて同じ場所からもう一羽の成鳥が飛び立ちました。どうやら2羽でサケを食べていたようです。中州にはほとんど骨だけになったサケが転がっていました。

2羽は少し離れて止まっていましたが、やがて下流方向へ飛び去って行きました。一羽はハシワレ(メスの成鳥)に違いありません。もう一羽は以前一緒にいたオスなのか、新しい相手なのか、あるいは、たまたま一緒にいたものかはよくわかりません。今後、観察を続けることで見極めたいと思います。
by fieldnote | 2010-01-11 23:28 | オジロワシ

オジロワシ 無事に渡来

12月6日に、いつもは11月半ばにやってくるオジロワシのメスが来ないことを記事にしましたが、その後、現地で観察している仲間から「やってきている」との情報をもらいました。この年末年始にようやく現地に行くことができ、この目で確認してきました。

ねぐらに入ったオジロワシ
a0087133_23591342.jpg
Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ ISO1000 30秒露光


お気に入りの枝でサケをねらう
a0087133_032869.jpg
Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


ねぐらの画像は日没後の暗がりの中、長時間露光で撮影。どんなにがんばってもスコープや双眼鏡で判別できない時は、この方法を使います。2枚目は雨の中で撮影したためかちょっとぼんやりしています。渡来が遅れた原因は、秋から冬の初めにかけて暖かい日が続いたことによるのかもしれません。他の冬鳥たちも渡来が遅れたり少なかったりと例年とは違う様子が見られるようです。

このオジロワシの他、オオワシ成鳥もいつもの所で確認できました。そちらは後日、載せたいと思います。
by fieldnote | 2010-01-07 00:19 | オジロワシ

オジロワシに異変?

毎年11月中旬に姿を見せていたオジロワシが、今年はまだやって来ません。今シーズンは3回観察に出かけたのですが、出会うことはできませんでした。見逃しているかもしれないのですが、いつものねぐら木にフンの跡が無いので、ここに来ている可能性は低いと思われます。

3年前までペアで来ていたのですが、一昨年からメス1羽だけで渡来するようになりました。今年はひょっとすると、そのメスも姿を見せないまま春になるかも・・・。飛行コースの風力発電用巨大風車に巻き込まれたりしたのかもしれない、などと心配の種はつきません。

渡来して間もない時期に撮影したオジロワシを、短い動画にしてみました。この時期のオジロワシは長旅の疲れのためか、早朝、ねぐらを飛び立つと近くのお気に入りの枝で、エサのサケを眺めながら一日を過ごしています。



画面をシングルクリックすると開始します。ダブルクリックでYou Tube にリンクし、大きな画面で見ることができます。
by fieldnote | 2009-12-06 21:19 | オジロワシ

オジロワシの来る川

きのうの暴風雪がうそのように晴れ上がった朝、沿岸部の市内を流れる大きな河川の中州にオジロワシを見つけました。遠くから見たシルエットは、子どもが立っているのかと思ったくらい大きく見えました。
a0087133_21592176.jpg

a0087133_220541.jpg
以上 Canon EOS40D  EF500mm F4L IS

この川はいつもワシを観察している場所と違い、大きな町の中を流れています。川沿いの道路には車がひっきりなしに走っているようなところですが、ここ何年かオジロワシのペアの飛来が確認されています。

サケの遡上がありエサが確保できること、川幅が広く河川敷に人が容易に近づけないこと、河畔林が大きく育っていることなどの条件が整えば、人口の多い町の中の川にもオジロワシはやってくるのですね。
by fieldnote | 2009-02-01 22:22 | オジロワシ

ワシの季節

ちょっと前の話になりますが、16日の午前中、観察仲間のRさんから「オジロワシがいつもの所にとまっていました」と、速報が入りました。沿岸北部の河川に今年もワシがやって来たのです。午後には画像も届き、毎年やって来る成鳥のメス(ハシワレ)であることが確認できました。

21日に現地に行き、姿を確認することができました。お気に入りの枝にとまって川の中を見つめているようでしたが、今年は遡上するサケが少なく、姿は全く見えません。
a0087133_19483065.jpg
 Canon EOS-1D MarkⅢ   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

一昨年まではオスとペアでやってきていたのですが、昨年はオスが姿を見せず一羽のみで過ごしました。今年も一羽だけで渡って来たようです。餌となるサケが少ないので今年の冬は厳しいかもしれません。カモ類がたくさん来ているので飢えることはないと思いますが・・・
by fieldnote | 2008-11-24 20:00 | オジロワシ

海ワシ、4段重ね

沿岸北部にあるワシの越冬地ではオジロワシ、オオワシたちの活動が活発です。今年は8羽ほどが飛来し例年に無くにぎやかです。今日は夕方に現地着、ねぐら木やお気に入りの木をチェックしたところ、すぐに6羽を見つけることができました。

川沿いの松には上からオオワシ幼鳥、オジロワシ成鳥(たぶん行方不明になっていたオス)、オジロワシ幼鳥、オオワシ幼鳥の4羽がとまっていました。
a0087133_2157952.jpg
Canon EOS-1D MarkⅢ   EF500mm F4L IS

ここでは、今まで一ヶ所に3羽とまっているのを見ことはありますが、4羽というのは最高記録です。同時刻に対岸の木にはオジロワシ幼鳥が1羽、さらに上部のねぐら木にはオジロワシ成鳥のメスがいました。

今年はサケがたくさん遡上したので、ここに留まるワシが増えたのだと思います。この調子で今後もワシが増えてくれればいいのですが。
by fieldnote | 2008-02-03 22:13 | オジロワシ

今日も1羽

先週、渡来を確認したオジロワシの成鳥。毎年ペアで来ていたのですが、今年は今日になっても1羽のみでした。
a0087133_2181413.jpg
Canon EOS40D  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

くちばしの右側に割れ目があるので「ハシワレ」と呼んでいるメスの個体です。オスはどうしたのでしょうか、気になります。

この他に、今日はこの場所でオジロワシの幼鳥とクマタカを確認することができました。
by fieldnote | 2007-12-02 21:37 | オジロワシ

帰ってきたオジロワシ

継続して観察中のオジロワシ。沿岸北部の河川に今年も帰ってきました。確認したのは24日(土)の16:00。盛岡で、来年行う展示会の打ち合わせを終えたあと、雪の峠を越えて現地に着いたときはもう日は陰っていました。昨年の初認は12月2日だったので今年は早い出会いでした。週末しか動きの取れない身の上なので、正確な渡来日を知ることができないのが残念です。どんどん暗くなるので、ちょっと焦りながらビデオカメラをセッティングし撮影。テープからのキャプチャ画像ですが、光量不足のためノイズが発生し鮮明さに欠けるのが残念です。
a0087133_2185756.jpg
SONY HC-1(HDV)+ KOWA TSN-664+TSN-VA2        11月24日 16:06

ここにねぐらをとるオジロワシはペアで渡来するのですが、この時は1羽しかいませんでした。辺りを探しましたが姿はなく、結局この日は1羽のみで眠りにつきました。今日25日の7時過ぎ、現地に確認に行ったところ飛び去ったあとでした。

23日(金)10:30には内陸部の北上川イギリス海岸上流部でオジロワシ成鳥を1羽確認しました。周辺には数羽のオジロワシ、オオワシが毎年越冬しています。
by fieldnote | 2007-11-25 21:35 | オジロワシ

オジロワシ、去る

3月10日午後5時35分、オジロワシペアのねぐら木の観察地点に到着。昼間、五葉山や釜石のハヤブサ生息地を回って来たのですっかり遅くなり、辺りはもう暗くなりかけていました。

オスかメスのどちらかがほぼ間違いなくねぐら入りしている時間ですが、周辺を注意深く探しても姿はありません。先週と同様、真っ暗になるまでデジタル一眼で撮影しながら確認を続けましたが、結局、オジロワシはねぐら木に戻りませんでした。

と言うわけで、今年の渡去は3月5日から10日の間ということになります。ちなみに昨年の最終確認日は2月下旬、一昨年は3月6日だったので例年並みと言えると思います。
a0087133_17542257.jpg
午後5時53分  1.6秒露光
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


機材を片付けていると、主のいなくなったねぐら木の近くでフクロウが鳴き始めました。
by fieldnote | 2007-03-11 18:45 | オジロワシ