人気ブログランキング |

カテゴリ:ホンシュウジカ( 36 )

濃霧

三陸沖にやってきた台風18号の影響か、平地は気温が上昇し汗ばむ陽気に。
a0087133_11494061.jpg


a0087133_23534924.jpg
 以上 Canon EOS40D  EF70-200mm F2.8L IS


沿岸部の山は、午後から深い霧に包まれました。
by fieldnote | 2012-09-29 23:50 | ホンシュウジカ

次のシーズンへ

五葉山周辺では、年によって多少のずれはあるものの、だいたい8月後半からシカたちの群れはバラバラになり始め、単独、または2~3頭のオス、あるいは数頭の子どもを連れたメスのグループに分かれていきます。オスの袋角(ふくろづの)は硬化して表面の皮が剥け落ちていき、毛の色は首の辺りから灰褐色に変色し始めます。
a0087133_103770.jpg
 Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS 


こちらは幼いオス。母親と一緒に行動しています。
a0087133_1033696.jpg
Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ 以上9月1日撮影


発情期が近づいたオスジカは、少しずつ興奮の度合いが高まるせいか、行動が大胆になってくるのがわかります。このオスは、盛んに角を木の幹に擦りつけていました。角の先には泥が付着していたので、ヌタ場で泥浴びをしていたのかもしれません。
a0087133_1034984.jpg
 Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS      9月10日撮影


9月10日の夕方には、今シーズン初めてのラッティングコールを聞くことができました。山も気温が高く、まだ真夏の気配が抜けていませんが、シカたちの生活は着実に次のシーズンに入っています。
by fieldnote | 2012-09-16 10:36 | ホンシュウジカ

群れる

最近では東北でも珍しくなくなった暑い暑い夏。シカたちの生活に、その影響はあるのでしょうか。8月半ばから9月初めにかけて、五葉山周辺のフィールドを回ってきました。

例年、8月中旬頃まで、シカたちは大きな群れを作ります。今年も100頭以上の群れを見つけました。オスが中心の群れですがメスも混じっています。
a0087133_22553284.jpg


このような群れに近づくことは至難の技。立木に身を隠しながら、慎重に距離を詰めていきます。カメラはサイレントモードにするなど、極力、音を立てないようにします。しかし、どんなに気をつけても、撮影し終わる頃には、群れの中の3~4匹がこちらの存在に気がついて、怪訝そうな顔でこちらを見つめており、最後はこうなります。
a0087133_23222862.jpg
 以上 Canon EOS-1D MarkⅢ EF70-200mm F2.8 IS      2012.8.15撮影


いつもの夏に見られる山中の光景でした。
by fieldnote | 2012-09-11 23:33 | ホンシュウジカ

ブリザード

雪の中のシカを見たくて、今日は久しぶりに五葉山へ。
a0087133_21353134.jpg


けれども、吹き荒れる地吹雪にしばしば視界がさえぎられて・・・
a0087133_21355153.jpg
以上 Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS
by fieldnote | 2012-02-12 21:56 | ホンシュウジカ

何を思う

震災以後、初めて沿岸部のフィールドに足を運びました。大きな落石が散乱する林道を慎重に通り抜け、シカたちのエリアへ。

若いメスが車の前を横切り、すぐ横に佇んだまま動こうとしません。彼女は何を見つめ何を思うのか。
a0087133_0102039.jpg
Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS

山に居る間も地震の揺れを感じました。東北の大地は、まだ不安定なのでしょうか。
by fieldnote | 2011-09-19 00:14 | ホンシュウジカ

ネットの効果は?

今日は疲れがたまっていたため、午前中はダラダラと過ごしていました。午後1時半過ぎにようやく出かける決断をし、ツキノワグマ、ホンシュウジカのフィールドを目指しました。この時間に出ても現地に着く頃は4時を過ぎてしまい、急速に暗くなってしまうので、観察できるのは30分ほどしかありません。でも、1週間、現地の様子を気にしながら過ごすよりマシです。

出かけるときは晴れていたのですが、五葉山周辺は雨雲がかかっており、湿気を含んだ風が吹いていました。夕方なので、オスジカのラッテイングコールが頻繁に聞こえてきます。シカたちは発情期のピークにさしかかっているのです。

最初に見つけた立派なツノを持つオスジカは近くの若いオスを威嚇していました。上唇をめくり上げ、「ゲェーーーー」という低い鳴き声を発しながら、頭を後ろにそらすような姿勢で近づいていきます。
a0087133_2323276.jpg


よく見るとツノには泥が付いています。さらによく見ると、ツノの根元に草のようなものが絡んでいます。興奮してヌタ場の泥をツノでかき回し、ついでに周囲の草を引っかけたのだと思っていました。
a0087133_23414576.jpg
  以上  Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS


でも、それは草ではありませんでした。帰ってから画像を拡大してみると、頭にくっつけていたのはシカ除けネットの一部だったのです。ツノがネットに絡んでしまい、必死になって暴れているうちにネットが切れて逃げてきたのだと思います。シカ除けネットは周辺の地域に延々と張り巡らされているのですが、隙間が開いていたり劣化して穴が開いている所も多く、あまり効果的ではないようです。一方で、このオスジカのようにネットに絡まってしまう例は多々あり、命を落とすシカもいます。
by fieldnote | 2010-10-17 23:26 | ホンシュウジカ

You Tube に映像をアップしました。これまでも You Tube には注目していたものの、画質が低く提示される動画が汚くて利用する気にはなれませんでした。けれども、昨年から1280×720のHD画質に対応したため飛躍的にきれいになり、これなら利用する価値はあると考えたからです。

今回アップした映像は「ホンシュウジカの暮らし」という題で、春から秋にかけてのホンシュウジカの生態を紹介しています。ハイビジョンのビデオカメラで数年に渡り撮影した映像を、8分ほどに編集しました。この映像は、現在行われている岩手県立博物館の第61回企画展「野生動物と生きる ~岩手のシカとクマ~」のために制作したもので、会場でもご覧になれます。



画面をシングルクリックすると開始します。ダブルクリックでYou Tube にリンクし、大きな画面で見ることができます。
by fieldnote | 2009-11-22 11:36 | ホンシュウジカ

変化

夏の間、オスジカたちは十数頭から数十頭の群れをつくり暮らしています。昼間はあまり見かけませんが、陽が落ちる頃になると林の中から草原に姿を現します。たいていの場合、数頭のメスジカや子ジカも一緒です。
a0087133_23325943.jpg

a0087133_23332960.jpg

8月終わりにはオスジカの角に変化が訪れます。春から伸び始めた袋角の内部が硬化(骨化)し、表面の黒い皮が剥がれてくるのです。この頃、剥がれた皮をブラブラさせているオスジカをよく見かけるようになります。下の写真は、手前が袋角の皮が剥がれかけたオスジカで、奥はまだ袋角の黒い皮が角全体を覆っている状態のシカです。
a0087133_23392187.jpg

下の写真の右側のシカは、皮がほぼ剥がれて骨化した角が見えています。これまでの観察から、角が立派な歳を取ったオスジカの方が、若いシカより早めに皮が剥がれてくるようです。
a0087133_23455158.jpg
 Canon EOS40D  EF500mm F4L IS

すでに、首の部分に変化が見られますが、この後、発情期が近くなるにつれ、毛皮も鹿の子模様から黒っぽい色に変わっていきます。
by fieldnote | 2009-08-30 23:54 | ホンシュウジカ

逃走

シカは臆病な動物で、危険を察知すれば跳んで逃げます。
a0087133_23324246.jpg
Canon EOS40D  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

細い足のどこにバネが隠されているのか、高さ2m以上あるシカよけのフェンスなど、軽々と跳び越えてしまうジャンプ力を持っています。
by fieldnote | 2009-08-23 23:41 | ホンシュウジカ

霧の中

この時期、沿岸部の山は濃い霧に包まれることが多くなります。冷たい海からの東風と夏の暑い空気がぶつかり合ってガスが発生します。
a0087133_227374.jpg
 Canon EOS20D  EF17-40mm F4L

見通しのきかない山の上では、シカたちも昼間から安心して活動していました。
a0087133_22102141.jpg

a0087133_22114972.jpg
 Canon EOS40D  EF500mm F4L IS

このような日は、動物たちに出会う確立が高くなります。
by fieldnote | 2009-08-20 22:16 | ホンシュウジカ