人気ブログランキング |

雪上の虫

3月5日は二十四節気の啓蟄。気温が高くなり、早池峰の麓、岳川の魚止めの滝付近(標高700m)でも春の兆しが感じられる一日となりました。しかし、付近は積雪が50センチを越えていて、生きものたちが活発に動き出すにはもう少し時間がかかりそうです。

それでも雪の上には何やら動くものがいます。よく見ると細長い胴体をしていてカワゲラの仲間のようです。
a0087133_0581832.jpg
 GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm


調べてみるとクロカワゲラに近いことがわかりましたが、正確かどうか自信はありません。
by fieldnote | 2016-03-07 01:05 | 昆虫

小さな訪問者

気温、下がりませんね。一関は連日、32度くらいまで上がり、昨夜の最低気温は24.6度。小学生の頃に住んでいた前橋の夏と同じくらいに感じる暑さです。

この暑さで喜んでいるのは昆虫たち。活動が活発になっているせいか、わざわざ探しに行かなくても、よくやって来ます。職場は冷房無しなので、窓は常時開けっ放し。そこへ、むこうから飛び込んでくるのです。
a0087133_836477.jpg
a0087133_837671.jpg
  以上 Canon EOS20D   EF70-200mm F2.8L IS

ノコギリクワガタは窓辺でひっくり返っていたところを、ミンミンゼミはカーテンにとまっていたものをそれぞれ確保し、撮影してから解放しました。

写真はありませんが、カブトムシ、オニヤンマ、ゴマダラチョウ、アブの仲間なども常連です。
by fieldnote | 2010-08-16 08:50 | 昆虫

「うちの近くにハッチョウトンボがいます」

小さな友人(9歳)が教えてくれた場所は、岩手県南部の有名観光地にほど近い、丘を切り開いた住宅造成地の売れ残った空き地。
a0087133_2133648.jpg

虫取り網を担いで現地で待っていた友人の虫かごには、確かにオスとメスのハッチョウトンボが入っていました。辺りを見回すとたくさんいるではありませんか。小さな池やじめじめした場所もあるので、この辺りで繁殖しているのだと思いますが、きちんと調べたわけではないので、はっきりしたことはわかりません。
a0087133_21341184.jpg

a0087133_21343535.jpg

a0087133_21345267.jpg
 以上 Canon EOS20D  EF17-40mm F4L

この場所が、いつまでも売れ残っていますように・・・
by fieldnote | 2010-06-27 21:52 | 昆虫

イナゴ

シカの観察をするために草原を歩いていると、足下から何かがピョンピョンと跳んで出て逃げ惑います。よく見ると、まだ小さなイナゴでした。今年もわんさかいたのでひと安心。
a0087133_22505030.jpg
 Canon EOS-1D MarkⅢ EF70-200mm F2.8 IS

9月半ば頃になると、成長したイナゴたちを求めてツキノワグマがやって来るのです。
by fieldnote | 2009-08-31 23:09 | 昆虫

ミヤマクワガタ

大きなミヤマクワガタを見つけました。
a0087133_22443927.jpg
 Canon EOS20D  EF17-40mm F4L

体長7~8センチの大型です。ぐっとからだをそらせて威嚇のポーズをとり続けていました。
by fieldnote | 2009-06-29 22:49 | 昆虫

おんぶイナゴ

ここ数日、思いっきり冷えてきました。氷点下に下がる朝と日中の温度差は13~4℃位あり、生き物たちも大変だと思います。昼過ぎに、温まったコンクリートの上で暖をとる? イナゴたちを見つけました。
a0087133_70444.jpg

a0087133_703255.jpg
以上     Canon  EOS Kiss DN  EF-S18-55/3.5-5.6II

2匹がくっついて温め合っているのでしょうか?(まさかね)
by fieldnote | 2008-11-13 07:06 | 昆虫

ちょっと前の事です。

フクロウの森の巡回を終え、車で林道を走っていたら変なものが飛んでいるのを見つけました。双眼鏡でよく見るとチョウらしいのですが、羽の大きさに対して腹の長さが異様に長い。変だなあ、と思いながら見ていると草に降り立ちました。そっと近づいてよく見ると交尾中のチョウでした。
a0087133_711613.jpg

a0087133_713884.jpg
以上    Canon EOS40D  EF70-200mm  F2.8L IS

オスとメスで色や模様が全く違うので別の種かなと思いましたが、あとで調べるとメスグロヒョウモンというチョウで、その名の通りメスの羽は黒っぽく見えます。

車の窓からの窮屈な姿勢での撮影に耐えられずドアを開けてそっと近づくと、メスがオスをぶら下げるという奇妙な姿で飛び去ってしまいました。
by fieldnote | 2008-09-05 07:14 | 昆虫

マイマイガ

このところ夏の終わりを思わせるような日が続いていて、暑いのが苦手な私は助かっています。このまま涼しくなってくれるとうれしいのですが・・・

ところでこの夏、岩手県内ではガの大発生が話題となりました。県北や沿岸部を中心に「マイマイガ」というガが大量に羽化して、夜は街灯や看板に集まり大変なことになっていたようです。内陸の盛岡でも同じような状態が続いたそうです。

8月の中旬、撮影のために立ち寄った沿岸部のある町で、このマイマイガに遭遇しました。ある川の河川敷をあるいていると、オニグルミやサクラの幹にポツポツと白いものが・・・
a0087133_6525259.jpg


なんだろうと近づいてみると
a0087133_6534213.jpg

a0087133_6542161.jpg


河川敷にある大木の幹はほとんどこの状態でした。話題のマイマイガだろうということはすぐにわかりました。昼はこうして休んでいるんですね。

町の人たちはガの襲来に困りいろいろ自衛策を立てたそうですが、効果的だったのは明かりを消す作戦だったようです。夜に通過した町では、いつもと全く違う雰囲気。とにかく暗いのです。町を明るくしている代表選手のようなコンビニもこのとおり。閉店中かと思いました。
a0087133_741018.jpg
以上、Canon EOS20D  EF17-40mm F4L

町中暗くて最初は異様な感じもしたのですが、人々の活動は普通ですので慣れるとなんともありません。節電を叫んでも一向に変わらない(変えようとしない?)明るい日本の夜も、小さなガのおかげでかなりのエネルギーの節約になったのではないでしょうか。

宮沢賢治は「毒蛾」という作品を残しています。1922年に盛岡市を中心に大発生したガをヒントに書いたものですが、今回のマイマイガ騒動を彷彿とさせるおもしろい作品でした。
by fieldnote | 2008-08-20 07:13 | 昆虫

エゾゼミ、ふんばる

あんなににぎやかに鳴いていたエゾゼミも、町中では声を聞かなくなりました。が、標高600mほどの五葉山南面では、一頃の力強さは無くなったものの、まだエゾゼミが鳴いています。
a0087133_6512444.jpg

a0087133_6514624.jpg
以上2枚   Canon  EOS Kiss DN  EF17-40mm F4L


こちらは樹液に集まるいろいろな虫たち。この時はミヤマクワガタが一番良い場所でがんばっていました。
a0087133_6595925.jpg
Canon EOS20D  EF100-400mm  F4.5-5.6L IS

晴れた日は、まだ25℃近くまで気温が上がることもありますが、朝夕は冷えて来ています。虫たちの姿を見ることができるのもあと少しです。
by fieldnote | 2007-09-10 07:08 | 昆虫

南昌山のアサギマダラ

異様な暑さが続く中、南昌山(標高848m)に登ってきました。旧道の峠に車を停め、階段状に整備された登山道を歩きます。この時、気温30℃。登山口付近ではヤマジノホトトギスが迎えてくれました。
a0087133_12101956.jpg


More
by fieldnote | 2007-08-17 13:56 | 昆虫