人気ブログランキング |

巣立ちは今朝

紫波町で観察中のチゴハヤブサ。今朝行ってみたら巣立っていました。昨日は巣の中でにぎやかに鳴いていたそうなので、巣立ちは11日の早朝と判断しました。
a0087133_2350728.jpg


ヒナの足どりはまだしっかりせず、時々よろっとして危なっかしい・・・
a0087133_0173380.jpg


上空で親がしっかり見張っていました。
a0087133_2359489.jpg
以上3枚    Canon EOS-1D MarkⅢ   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ
by fieldnote | 2007-08-11 23:47 | チゴハヤブサ

紫波町の営巣地で観察してるチゴハヤブサ。今年は昨年より1週間ほど早い7月中旬にヒナが孵化しました。今はまだ白い羽毛におおわれていますが、動きがしっかりしてきて親が運んでくるエサ(小鳥が多い)を夢中で食べています。

写真はエサを与え終わって巣から出てきたメス親。
a0087133_8221194.jpg


今年は昨年に比べオナガが多く、チゴハヤブサと小競り合いを繰り返しています。オナガも同じ場所で営巣しているのですが、集団でチゴハヤブサを追いかけ回したり、とまっているところにちょっかいをかける場面もよく見ます。
a0087133_8103613.jpg
以上2枚    Canon EOS-1D MarkⅢ   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

が、最後はチゴハヤブサが我慢しかねて怒りだし、オナガを追いかけ回して撃退するというパターンになっています。
by fieldnote | 2007-08-01 08:27 | チゴハヤブサ

チゴハヤブサと電信柱

5月8日に新花巻駅前の電線にとまるチゴハヤブサを確認して以来、毎朝のように同じ電線
にとまるチゴハヤブサを見ることができました。
a0087133_2294248.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


それから2ヶ月。少し前から付近の杉林で抱卵に入ったようです。写真は営巣場所付近を
巡回するオス。
a0087133_21421764.jpg
Canon EOS-1D MarkⅢ   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

昨年はヒナが巣立ったあと、駅前に林立する電信柱を利用して子育てしていました。このチゴ
ハヤブサにとって電信柱は、無くてはならない物のようです。
by fieldnote | 2007-07-04 22:19 | チゴハヤブサ

チゴハヤブサ渡来

昨年の10月初めに渡去したチゴハヤブサ。きのうの朝、新花巻駅前のお気に入りの場所にとまっているのを発見。今朝も同じ所にいました。
a0087133_23424450.jpg



こちらは紫波町のお寺に毎年やって来るペア。他のペアをなわばりから追い出したあと、目の前の杉の木で交尾しました。
a0087133_23474383.jpg

a0087133_2348376.jpg
以上3枚  Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

いずれも今日の撮影。ヒナの誕生まであと2ヶ月とちょっとです。
by fieldnote | 2007-05-09 23:55 | チゴハヤブサ

さよなら チゴハヤブサ

4月の渡来以来、観察を続けていたチゴハヤブサが渡去したようです。
a0087133_631021.jpg
Canon EOS20D EF500mm F4L IS+Extender×1.4Ⅱ


このチゴハヤブサは、紫波町のある寺院に毎年やってきてヒナを育てています。今年は3羽
が無事に巣立ち、生き生きとした姿を見せてくれました。
 4月29日 渡来
 7月22日 ヒナが生まれる
 8月 5日 巣立ち
10月 7日 渡去
下はオスの成鳥が運んできたオニヤンマを食べるヒナです。
a0087133_6384524.jpg
Canon  EOS20D EF500mm F4L IS+Extender×1.4Ⅱ


時にはカラスに猛然と攻撃をしかけます。
a0087133_6315287.jpg
Canon  EOS20D EF500mm F4L IS



こちらは今年確認した花巻市内のチゴハヤブサ幼鳥。駅前の電柱がお気に入りの場所で、兄弟3羽がいつもとまっていました。
a0087133_632395.jpg
Canon EOS20D EF500mm F4L IS+Extender×1.4Ⅱ


10月5日(紫波町)、10月6日(花巻市)がそれぞれ最後に確認した日です。それ以降13日まで観察しましたが姿を見ることはできませんでした。どちらのチゴハヤブサも毎日のように見続けていたので、いなくなるとやけにさみしいのです。
by fieldnote | 2006-10-14 06:40 | チゴハヤブサ