人気ブログランキング |

カテゴリ:オオミズナギドリ( 1 )

オオミズナギドリの群れ

午後5時過ぎに船は帰路につきました。帰りは波の影響もあまり受けなかったせいか揺れも小さく、沖に向かうときに比べて時間もかかりませんでした。

岸が近くなると海上に浮かんでいる鳥が急に増えてきました。宮古の日出島(ひでしま)には、夜になるとたくさんのオオミズナギドリが一斉に戻ってくるのですが、その前に付近の海上に集まって羽を休めていたのです。その数は数万にも達するようです。
a0087133_6548100.jpg


午後7時近く、オオミズナギドリは飛び立って旋回しながら大きな「鳥山」を作ります。旋回しながら島に近づき、暗くなった頃に次々と島に降り立ちます。以前、3回ほど釜石の三貫島で行われた山階鳥類研究所の調査に参加した時、その様子を目の当たりにして、海鳥の不思議な生態にしばしぼう然として見入っていたものです。鳥たちが帰ってくると、昼間は静かだった島が、突然オオミズナギドリたちの鳴き声で騒然となりそれが一晩中続きます。
a0087133_713970.jpg


海上を飛び交うオオミズナギドリたちを見ながら、その時のことを思い出していました。彼らは沿岸部の海上ではごく普通のありふれた鳥ですが、私にとっては思い出深い海鳥です。
a0087133_751287.jpg
以上、Canon EOS 40D  EF100-400mm  F4.5-5.6L IS

午後7時前、船は無事に宮古港に接岸しました。お世話になった宮古の皆さん、ありがとうございました。
by fieldnote | 2008-06-11 07:14 | オオミズナギドリ