人気ブログランキング |

カテゴリ:タンチョウ( 2 )

蕪栗沼の午後

最初はその核心部に近づくことさえ容易でなかった蕪栗沼。何度か通って慣れてきた最近では、どの道を通れば行きたい所に行けるかがだいぶわかってきました。

6日の日曜日は、オジロワシ、タンチョウを見たくて出かけました。昼過ぎまで仕事だったので、出発は午後2時過ぎ。それでも3時前にはいつものポイントでオジロワシとの対面を果たしていました。
a0087133_22381852.jpg
 Canon EOS40D  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


しばらく撮影したあと、今度はタンチョウエリアへ。昼間は、たいてい周辺の水田で採餌しているので、全体を見渡せる場所から双眼鏡を使って探します。タンチョウはすぐに見つかりました。水がはってある水田でドジョウか何かを探しているようです。
a0087133_2373875.jpg
 Canon EOS40D  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

a0087133_22482245.jpg
 XL-H1 EF300mm F4

ツルは17時過ぎに一度飛び立ち、遠くの草陰に入りました。その後も採餌を続け17時30分、辺りがすっかり暗くなる頃に飛び立って、沼の方へ向かって行きました。

タンチョウのねぐら入りを待つあいだ、双眼鏡で辺りを眺めていると、水田で餌を食べているオオハクチョウやマガン達とは違うシルエットを見つけました。地面に押さえつけた何かをくちばしでグイと引きちぎりながら食べています。尾を見ると白。オジロワシでした。用心深いオジロワシが、夕方暗くなってから地面に降りて、ゆっくりと食事をしていたのでした。


日没前の一瞬には、雲間から太陽が顔を見せ、
a0087133_22525397.jpg
 Canon EOS40D  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


三日月も姿を現しました。
a0087133_2318711.jpg
 XL-H1 EF300mm F4



すっかり暗くなった沼の方向からは、ねぐら入りした数万羽のマガン達の声が響き渡っていました。
by fieldnote | 2011-02-07 23:31 | タンチョウ

土曜日の遠征に続き、日曜日(23日)は蕪栗沼に出かけてきました。現地で知り合った I さんのサイトで、タンチョウが来ていることを知ったからです。

現地には10時過ぎに到着。オジロワシやチュウヒを見ていたら、I さんもやって来て、一緒にタンチョウ探しをしました。午後になっても見つからず、私はいったん帰途についたのですが、途中で I さんからタンチョウ発見の電話をいただき、Uターンして現地に直行。

もう、夕日が沈む直前でしたが、遠くの田んぼの中を歩いている優雅な姿を見つけることができました。
a0087133_725218.jpg
  XL-H1 EF300mm F4

早速、ビデオカメラをセットして撮影を始めました。日が落ちるとどんどん暗くなり、気温も急降下。手がかじかんでつらかったのですが、ここまで来たら、ねぐら入りを確認するまで粘ろうと撮影を続けました。

午後5時16分、遠くてよく見えなかったのですが、何の前触れもなくタンチョウは飛び立ち、まっすぐ蕪栗沼に向かって行きました。夜は沼の開水面で眠るものと思われます。

いろいろお世話になった I さんに感謝です。
by fieldnote | 2011-01-25 07:11 | タンチョウ