人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

目が覚めたら雪が積もっていました。朝の散歩コースの木々もうっすらと雪化粧。
a0087133_6565494.jpg


a0087133_702533.jpg
以上2点 Canon EOS20D EF17-40mm F4L

気温は0.1度。しばらく降り続きそうな空模様です。
by fieldnote | 2007-03-29 07:04 | 風景

「さいかち淵」にて

宮沢賢治の童話に出てくる豊沢川の「さいかち淵」辺りを散策しました。千葉から来た2人の賢治研究家が一緒です。

目的は、この付近から西方に見える「鳥ヶ森」(892m)という山について調べること。賢治の童話「さいかち淵」には「今日なら、もうほんたうに立派な雲の峰が、東でむくむく盛りあがり、みみづくの頭の形をした鳥ヶ森も、ぎらぎら青く光って見えた。」という一節があります。

この「みみづくの頭の形をした鳥ヶ森」という表現について調べてみると、ちょっとした疑問が出てきたのです。というのは、ここから見る「鳥ヶ森」はどう見ても「みみづくの頭の形」ではないからです。そして、「鳥ヶ森」の南方(さいかち淵付近から見ると左)には「みみづくの頭の形」に見える山が実際にあるのです。賢治はどの山を指して「鳥ヶ森」と書いたのでしょうか。

それを調べるためにここに来たのですが、あいにく天候が悪く西の山は曇って全く見えません。そこで鳥ヶ森の「調査」はあきらめて鳥探しをしました。けっこうな数のツグミ、空を一列になって北に向かうオオハクチョウ、コゲラ、キジなどいろいろな鳥が姿を見せてくれました。

最大の成果はこれ。ヒレンジャクの群れ(25羽)です。キレンジャクが2羽混じっていました。
a0087133_13194925.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

「鳥ヶ森」については、さらに調べてみたいと思います。
by fieldnote | 2007-03-25 13:35 | ヒレンジャク

イカルチドリ

今日は1年間の疲れが出たせいか動き回る気力が出ず、何もしないで過ごしました。

17日に出会ったイカルチドリです。10分くらいじぃっと動かなかったので、じっくりと撮らせてもらいました。
a0087133_21294723.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ
by fieldnote | 2007-03-21 21:32 | イカルチドリ

コクガンの群れ

週末のレポートです。

17日の朝、宮古市の津軽石川河口に直行しました。オットセイが現れたという報道があり、休日を待って出かけたのです。情報によるとオットセイは2月下旬に河口のサケ止めの網に入って助け出され、それからしばらくは周辺に出没していたようですが、11日の夕方を最後に姿を見せていない、とのことです。

無風快晴で気持ちのよい朝でしたが、肝心のオットセイは姿を現しませんでした。が、遠くの波打ち際にコクガンの群れを発見。24羽いました。
a0087133_20442524.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS


コクガンは気の強い鳥のようで、時々相手構わず突っかかっていくのです。首を低くして口を開けて突進する姿は、どこかティラノサウルスを連想させます。
a0087133_2058599.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


レンズを覗いていると、群れに緊張が走り急に飛び立って行きました。地元の人が私の車とコクガンの間を横切って歩いて行き、流木をのこぎりで切り始めたのです。
a0087133_20462342.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


遠くへ飛び去るだろうと思っていたら、コクガン達は大きく旋回してまた戻ってきました。水面に浮かぶ姿がなかなか美しい鳥ですね。
a0087133_20473553.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS



18日は田老(たろう)の海岸へ行きました。夕方、ミサゴが飛んで来ていつまでも止まっていました。
a0087133_20464737.jpg
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

もうすぐ海鳥たちの繁殖シーズンがやってきます。
by fieldnote | 2007-03-18 22:33 | コクガン

ハヤブサの生息地

10日の午前中は釜石の海岸部にあるハヤブサの生息地に行き、様子を見てきました。1、2月の厳冬期にはほとんど見かけないのですが、3月に入ると頻繁に姿を見せるようになり、繁殖に備えた行動を見せるようになります。

現地へは、でこぼこの林道をしばらく車で走り、さらに30分ほど歩く必要があります。今回は観察重点なので双眼鏡と300ミリレンズ、スナップ用に広角ズームという軽装です。いつもは欠かさないクマ撃退スプレーも持ちませんでした。
a0087133_2284266.jpg
Canon EOS Kiss DN EF17-40mm F4L

途中はこんな感じなのですが、ツキノワグマやカモシカの痕跡がいたる所にあります。ここを通過した後のズボンには必ずと言っていいくらいこんなものが付きます。
a0087133_22124397.jpg
Canon EOS Kiss DN EF17-40mm F4L

そう、ダニですね。ときどき立ち止まってダニはらいをします。ダニやクマが苦手な人は、暖かくなったらこういう場所には近づかない方がいいでしょう。

現地に着くと、まずミサゴが目に入りました。ハヤブサの姿を見ることはできませんでしたが、いつも獲物の解体に利用する場所に新しい鳥の羽毛が散乱していたので、ここで生活していることを確認できました。
a0087133_22182993.jpg
Canon EOS 20D  EF300mm F4L IS
by fieldnote | 2007-03-14 22:28 | ハヤブサ

オジロワシ、去る

3月10日午後5時35分、オジロワシペアのねぐら木の観察地点に到着。昼間、五葉山や釜石のハヤブサ生息地を回って来たのですっかり遅くなり、辺りはもう暗くなりかけていました。

オスかメスのどちらかがほぼ間違いなくねぐら入りしている時間ですが、周辺を注意深く探しても姿はありません。先週と同様、真っ暗になるまでデジタル一眼で撮影しながら確認を続けましたが、結局、オジロワシはねぐら木に戻りませんでした。

と言うわけで、今年の渡去は3月5日から10日の間ということになります。ちなみに昨年の最終確認日は2月下旬、一昨年は3月6日だったので例年並みと言えると思います。
a0087133_17542257.jpg
午後5時53分  1.6秒露光
Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


機材を片付けていると、主のいなくなったねぐら木の近くでフクロウが鳴き始めました。
by fieldnote | 2007-03-11 18:45 | オジロワシ

渡去はいつ?

3月4日、午後5時50分、ねぐら木で休むオジロワシです。いつも観察しているペアのメスで、3月上旬頃、この越冬地から渡去します。
a0087133_13305649.jpg
Canon EOS20D EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ


3日、4日とメスのねぐら入りを確認しましたが、その後は平日なので観察は無理。明日、現地に行ってみようと思います。

気になるのは2日ともオスが戻ってこなかったこと。先に渡去したのか、別の木で就寝したのか、それとももっと暗くなってから帰って来るのか。

オスが戻るかもしれないと思いしばらく粘ってみましたが、暗くて肉眼では確認不可能なので、写りは二の次にして長時間露光(10秒)で撮影。この後も30分ほど撮影を続けモニターで確認しましたが、オスのねぐら入りは確認できませんでした。(画像はトリミングして一部を拡大したものです)
by fieldnote | 2007-03-09 07:06 | オジロワシ

街に棲む鳥

2日の夕方、久しぶりに盛岡に出かけました。用事を済ませてから、以前から気になっていたハクセキレイの集団ねぐらを撮影。場所は岩手県内でも有数の繁華街、大通商店街の中心部です。

午後8時30分ごろでしたが以前見た時より数は少なく、撮影している間に徐々に増えて来ました。金曜の夜なので、街に繰り出している組がまだ帰ってこないのでしょうか。
a0087133_11131981.jpg

このねぐらを初めて見たのはおよそ20年前です。その後も世代交代をくり返しながらずっとこのねぐらを使い続けてきたのは、彼らにとってここが外敵から身を守ることのできる安住の地だからでしょう。            
a0087133_11413491.jpg
以上2枚 Canon EOS-1D MarkⅡN  EF70-200mm F2.8L IS


それにしてもこの騒音とまぶしい明かりの中、よく平気で眠っていられるものです。人為的な環境を極力さけて眠るオジロワシのような大型猛禽には無い、神経の図太さを感じました。
by fieldnote | 2007-03-03 12:23 | ハクセキレイ