人気ブログランキング |

<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シカの落角

釜石と遠野の間の仙人峠は昔も今も交通の難所でした。けれども最近「仙人峠道路」という自動車専用道路が開通して、運転は高速道路並みに楽になりました。

急勾配、急カーブの続く旧国道283号線は敬遠され交通量は激減。私は密かにこの日の来るのを待っていました。今では「旧道」となったこの道路は、様々な野生動物との遭遇の可能性が高い場所だったのです。交通量の大幅な減少で出会いの可能性がさらに大きくなりました。

ところできのうは、「旧道」が開通する前に使われていた「旧釜石街道」を歩いてきました。ここは自動車道路ができる前、遠野の沓掛から釜石の大橋まで通じていた山道です。最高地点の仙人峠は標高887m。当時は3時間かけてこの山道を歩いて行き来したのです。

目的はフクロウの営巣木の確認。ずうっと以前、峠の手前で見つけた樹洞が気になっていたのです。釜石側の大橋からしばらく登った所で大きな枯れ木を見つけました。目的の樹洞ではありませんが、もしやと思い道を外れ急斜面をずり落ちそうになりながら登っていきました。

枯れ木の根元に着いてふと地面に目をやるとこんなものが。
a0087133_2119640.jpg
Canon EOS Kiss DN EF17-40mm F4L

ニホンジカ(ホンシュウジカ)の角です。今までシカの生息地をさんざん歩き回っていたにもかかわらず、落角を見たことは1回だけでした。しかもその時は若いシカの小さな角。今回見つけた物は長さ62.5センチ、重さ672グラムの比較的大きなものです。手に持つとずっしりした感触で、こんなものを頭に2本もくっつけているシカの体力はすごいと関心しつつ、もう片方の角も近くに落ちているかもしれないとかなり念入りに探しましたが、見つかりませんでした。

肝心のフクロウの樹洞ですが、白く朽ち果て崩れ去っていました。
by fieldnote | 2007-04-30 21:36 | ホンシュウジカ

早池峰北面

今週は県内内陸部を中心に、荒れ模様の天気が続きました。26日夜から27日にかけては雷雨のあと気温がかなり下がり、標高800m以上では雪が積もりました。
a0087133_7423858.jpg
Canon EOS20D  EF100-400mm F4.5-5.6L IS

画像は早池峰(1917m)の北面です。この時期はかなりの残雪があるのですが、その上に新雪が積もって真っ白に輝いていました。

撮影地は川井村の国道106号からちょっと脇道に入ったところです。傍らの沢では雪代が勢いよく流れ下っていました。
by fieldnote | 2007-04-28 07:57 | 早池峰

ツキノワグマの情報が次々と入って来ています。目覚めたクマたちが、あちこちで活動を始めているようです。そこで、週末は生息地を巡回してきました。

最初は、昨年、数日間に渡って親子グマの観察をした場所へ。現地に着くと、お世話になっている地元の方がやって来て「30分前までクマいたよ」。聞けば、大型のオスと思われる個体が1時間ほど、芽を出したばかりの草を食べていたそうです。

再登場を願って1時間ほど粘ったけれど、出てきたのはカモシカだけでした。降りしきる雨の中、しばらく草を食べていましたが、やがてお気に入りの場所で休憩。

雨で機材を濡らしたくなかったので撮影はしませんでした。画像は昨年、同じ場所、同じ姿勢で休憩するカモシカを撮ったもの。最初は寝そべって口をもぐもぐやっていましたが
a0087133_20341567.jpg


やがて、完全リラックス状態に・・・
a0087133_20373935.jpg
Canon EOS20D EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ 以上2枚  2006.5.5撮影

今回もこうやって左足をだらりとやっていたので、どうやらこのカモシカ、休むときはいつもこうしているようです。
by fieldnote | 2007-04-22 21:08 | ニホンカモシカ

朝のカタクリ

胡四王山のカタクリを見てきました。気温は3℃、寒い朝でした。
a0087133_23385479.jpg
Canon EOS20D  EF100-400mm F4.5-5.6L IS

太陽が上がったばかりなので、まだ眠っているように見えます。


*胡四王山のカタクリは今週がピークでしょう。賢治記念館や胡四王神社周辺の
  林床は可憐なカタクリの花がいっぱいです。

  あ、今すぐそばでフクロウが鳴きました^^
by fieldnote | 2007-04-18 23:51 | 植物

身近な鳥

身近な鳥の代表格、スズメを撮りました。30羽ほどの群れが草原でエサ探しをしている様子がおもしろかったのです。場所はある河川の堤防下で野球グラウンドの脇。

群れの動きに合わせて、車をゆっくり走らせたり停めたりしながらスズメに近づこうとしているうちに、犬連れの男性が堤防の上からいぶかしげに、こちらをじっと見てるのに気づきました。

無視して車を移動させていましたが、その男性は立ち止まってしきりとこちらの様子を伺っている気配です。きっと付近の住宅地の住人でしょう。不審車両と思われていたようです。レンズを窓から出して撮影を始めたら、いつの間にかいなくなっていました。
a0087133_23435271.jpg

a0087133_2344117.jpg
以上2枚  Canon EOS-1D MarkⅡN   EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

身近な鳥たちの観察や撮影は、人目を気にして行うことが多くなるので私は苦手です。
by fieldnote | 2007-04-14 23:52 | スズメ

フクジュソウ

ツキノワグマの目覚めの頃。これまでに収集した情報をもとに数ヶ所をチェックしてきました。
各河川の下流部はヤナギなどが芽吹き、春の訪れが感じられます。
a0087133_7593994.jpg


上流部では、残雪の残る山の斜面にフクジュソウの群生地が。開花が始まったばかりの
ようで、ほとんどがまだつぼみでした。
a0087133_83548.jpg
以上2枚 Canon EOS20D  EF100-400mm F4.5-5.6L IS
by fieldnote | 2007-04-08 08:11 | 植物