人気ブログランキング |

久々の更新となってしまいました。パソコンにショックを与え、調子が悪くなってしまったのが主たる原因です。もっとも、不調になったおかげで、今までためらっていた「Vista」から「7」へのアップグレードに踏み切ることができました。現在は極めて快調に動いています(いくつかの重要なデータを失ったのが痛いのですが)。


今日は最近気になったことを取り上げてみました。

「BSジャパン」というテレビ東京系のBSデジタル局があります。毎週、土曜日に「写真家たちの日本紀行」という、大手カメラメーカーがスポンサーの番組を放映しています。ベテラン、あるいは新進気鋭のプロカメラマンたちが出演し、それぞれの撮影スタイルをじっくりと見ることができる(それなりの演出はあっても)内容で、毎回、楽しみにしています。が、2月13日の横山 宏さん(ネイチャーフォトグラファー)出演の「北海道・弟子屈町 僕だけの冬の情景」の中で、え?っと思うようなシーンがありました。

この場面、何かおかしくないですか?
a0087133_20375535.jpg

オオワシ成鳥の映像ですが、コメントはオジロワシになっています。単なる間違いだとは思いますが、実はこの番組、以前、動物写真家の前川貴行さんが出演した時も、オオワシの幼鳥の映像に「オジロワシ」というコメントを付けて放映していました。

さらに2月13日の番組では、本別海港で横山さんが独特の風貌の木をバックに日の出のシーンを撮影する場面がありましたが、そこに飛んできたトビのシルエットをオジロワシに見立てて、映像とナレーションを流していました。多くの人たちにとっては見分けがつきにくいとはいえ、このような間違いを平気で放送するのは、この番組のファンとして残念でなりません。

テレビだけでなく出版物でも、同じような間違いを見つけてしまいました。小学館が出版している「BE-PAL(ビーパル)」という自然系月刊誌があります。3月号の「風景の皿」という蜂須賀公之さん執筆の連載記事の中にオオワシの写真が載っていますが(確か145ページだったと思います)、これに「オジロワシ」というコメントが付いているのです。記事の内容からすると、オオワシの写真を載せたことが間違いのようですが、校正が不十分だったのでしょう。幼鳥だと、オオワシとオジロワシの区別をつけるのはなかなか大変なのですが、成鳥ではその違いは明らかなので、ちょっと気をつけていれば「鳥好き」でなくてもわかるはずです。

映像、画像をメシの種にしているメディアの方たちの仕事としては、ちょっとお粗末なミスだと思うのですが・・・
by fieldnote | 2010-02-21 20:50 | オオワシ