人気ブログランキング |

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

須川岳と早池峰

早池峰の麓から須川岳の麓に移っておよそ1年が経ちました。何が変わったかというと、一番に挙げるとしたら、休日にも仕事が容赦なく入るようになったこと。今週末も土日とも仕事でした。

今日は朝から晴れていましたが、風が強く気温も低くて春の気配は感じられません。でも、この時期はできるだけ気温が上がらない方がいいのです。ちょっと暖かくなると、とたんに杉花粉が飛びまくりますから。

仕事に向かう途中、山があまりにもきれいだったので、小高い場所に登って撮影してみました。この山の名前は岩手では須川岳ですが、宮城では栗駒山、秋田では大日岳と呼ぶそうです。山頂がちょっと曇って見にくい状態でした。岩手・宮城内陸地震の記憶は遠のきつつありますが、この山の麓の辺りが最も被害が大きかった所です。
a0087133_22405819.jpg


こちらは一週間前に撮影した早池峰です。遠野市から南面を見ていることになります。
a0087133_2252055.jpg


こうして見ると、雪の量は北上山系の早池峰よりも奥羽山系の須川岳方面が多いことがよくわかります。


夕方、一関市周辺のフクロウの生息状況を調べていたとき、ある神社の境内で地震を感じました。最初、近くでキジが鳴き交わし始め、30秒ほど経ってからゴオゴオと地鳴りがして揺れが来ました。キジが鳴き始めた時は地震が来るとは思わなかったのですが、いつまでもケーケーと鳴いているので、何となく変だな、と思った矢先にグラっと来ました。幸い、被害はほとんど無かったようですが、「宮城県沖地震が近い」との情報が飛び交う中、ヒヤリとしました。
by fieldnote | 2010-03-14 23:18 | 風景

大胆なヤマセミ

これは、一週間ほど前、遠野市を通りかかった際に見つけたヤマセミ。ある河川にかかる橋でエサの魚を狙っているところです。

この道路は国道ですが、遠野のかなり奥の地域あるため車はたまにしか通りません。ヤマセミは、すぐ後ろ(3m以内)通る車には目もくれず、ひたすら川面を見つめていました。ガードレールなどにカラスがとまっていて、車が近づいても逃げようともしない、あの状態です。
a0087133_10125638.jpg


それにしても、大きな頭やからだを支えている足は極端に小さくて、滑りやすいパイプをしっかりとつかんでいるようにも見えず、これで大丈夫なのかと思ってしまいました。
a0087133_10165962.jpg
以上 Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ
by fieldnote | 2010-03-13 10:30 | ヤマセミ

カナダヅル

ソデグロヅルの次はカナダヅルの「記憶」。2009年の2月に岩手県沿岸最南部の陸前高田に現れました。

小型で羽の色は目立たず、冬の田んぼの中にいると、よほど気をつけていない限り見つけることは困難です。確かに、観察中に地元の人たちがそばを通っても、ツルに気づく人はいませんでした。近くを車や人が通ってもあわてて飛び立たないという警戒心の低さも、このツルをさらに目立たない存在にしているのだと思います。
a0087133_951159.jpg


もちろん、他の野鳥がいてもおかまい無し。
a0087133_954459.jpg


カナダヅルは一日中、田んぼの中を歩き回りエサを探していました。
a0087133_9551573.jpg


そして、夕方になると飛び立ち、ねぐらに向かいます。
a0087133_9562517.jpg


ねぐらは気仙川河口の中州でした。
a0087133_9565660.jpg
以上 Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

このカナダヅルは陸前高田に現れる前年の秋、宮古市に現れたものと同一個体ではないかと思います。
by fieldnote | 2010-03-07 10:59 | カナダヅル

ソデグロヅル

今朝(3月2日)は湿った雪が10センチ以上積もって、辺り一面真っ白になりました。

2月は仕事の関係でなかなかフィールドに出ることもできず、ここに載せるような画像も撮影できなかったので、更新は1回きりとなってしまいました。更新が滞ると、せっかく訪れてくださった方に申し訳なく、ストレスもたまる一方なので、ここらで思い切って過去の画像を載せてみることに・・・

a0087133_23412518.jpg
a0087133_23414334.jpg
a0087133_2342179.jpg
  Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS

そうです。ソデグロヅルですね。少し前の冬に、石巻に現れた個体です。このシーズンは三陸沿岸部の何カ所かで、ソデグロヅルが確認されています。石巻の個体はかなり長期間、ここに留まっていました。

このソデグロヅルを見に何回も通い、一日の行動パターンがわかってきて、ねぐらもちゃんと押さえることができました。
a0087133_23571895.jpg
  Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS

ビデオもかなりの時間回したので、そのうちアップしようと思っています。
by fieldnote | 2010-03-03 00:03 | ソデグロヅル