人気ブログランキング |

山は今日も雪

きのう、うっすらと雪化粧していた沿岸と内陸を結ぶ峠道。今夜は本格的に雪が積もっていました。
a0087133_0584821.jpg

遠野側に抜けると0℃まで下がってきて、2週間前に早々とノーマルタイヤに履き替えたことをちょっと後悔しました。
a0087133_0592184.jpg
 以上 Canon EOS20D  EF17-40mm F4L

大粒の雪が吹き付けて前がほとんど見えず、道路脇の反射板だけが進む方向を示してくれる唯一の頼りです(写真では前がよく見えていますが、こんなではなかった)。麓近くで雨に変わるまでは、ゆっくりゆっくり下って来ました。
by fieldnote | 2010-04-25 23:57 | 風景

寒さが続いているせいで、木々の芽吹きや草花の生育が遅れがちになっているようです。夕方、峠道では雪が降っており、辺りは真っ白な冬景色でした。観察中のクマの親子は周辺の新芽や草の芽を食べ尽くしたのか、他の場所へ移動したらしく、しばらく姿を見せていません。暖かくなって草が伸び始めたら、また戻ってくるでしょう。

カタクリの花は例年だとあっという間に咲き終わってしまいますが、今年は花の時期が長く続いています。今日、立ち寄った場所では、そのカタクリをムシャムシャと食べるカモシカに出会いました。
a0087133_10365422.jpg

山の上の方から、ゆっくりと落ち葉を踏みしめる足音が聞こえてきたのでそちらを見ていると、一頭のニホンカモシカが現れました。私に気づいているのかいないのか、かなり近くまで来るとおもむろに足元のカタクリを食べ始めました。
a0087133_10371130.jpg
 以上 SONY HC-1

よく見ていると、花も葉も一緒に口に入れていました。ただ、一面に咲いているカタクリを手当たり次第に食べていたのではなく、少しつまんでは移動し、また口に入れては場所を移すという感じだったので、好んで食べていたわけでもなさそうです。
by fieldnote | 2010-04-24 23:47 | ニホンカモシカ

ショウジョウバカマ

一関市に厳美渓という景勝地があります。私の職場はそのすぐ近くなのですが、今日、建物の北側斜面にショウジョウバカマが咲いているのを見つけました。
a0087133_22211416.jpg

a0087133_22391985.jpg
 Canon EOS20D  EF17-40mm F4L

早池峰など、かなり高い場所では見たことがありますが、ここのように山地でもなく、標高も町中とほとんど変わりないような所で見ることができるとは思ってもいませんでした。
by fieldnote | 2010-04-21 22:43 | 植物

4年前からツキノワグマの観察を続けているフィールドの近くに住んでいる方から、先日、「ツキノワグマの親子が来ているよ」との連絡をいただきました。そこは、2008年の春から始まった冬眠穴周辺の伐採によって生息環境が破壊された場所です。母グマは、この辺りから立ち去ってしまい、もう姿を現すことはないと考えていたので、思いがけない知らせに大急ぎで駆けつけました。

現地に着いてみると3頭の親子グマがいつもの所にいました。日当たりのよい山の斜面にわずかに出てきた草を食べたり、昼寝をしたりと以前と変わらぬ姿を見せてくれました。
a0087133_11352297.jpg


母グマはその顔つきや行動から、以前から観察している個体にほぼ間違いないと思います。少し歳をとったように見え、行動は落ち着いており貫禄も十分でした。
a0087133_1137680.jpg

a0087133_11394858.jpg


2頭の子グマはかなり大きくなっていました。2歳程度と思われます。4年前に一緒にいた生まれたばかりの子グマは独立し、新たに生まれた子どもたちです。2頭でじゃれ合いゴロゴロと転げ回ったり、すごい勢いで走り回り、木によじ登ったかと思うとスルスルと降りてきて、また追いかけっこをしたりと、人間の子どもと変わりがありません。
a0087133_1142955.jpg

a0087133_935213.jpg


現地では、数日前から親子のツキノワグマの姿が見られたとのことでしたが、「きのうは4頭いた」ということが話題になっていました。親子グマのそばに別の成獣がウロウロすることは今までなかったので、私には信じられませんでしたが、ほどなくその「4頭目」が姿を現しました。遠くから肉眼で見ると、クマと同じ色合いに見えるのです。
a0087133_125439.jpg


この日は、昼過ぎから日没までツキノワグマの生態をたっぷりと観察することができました。日が山に隠れると、クマたちは木に登り、新芽をおいしそうに食べていました。
a0087133_1285933.jpg
 以上 Canon XL-H1   EF300mm F4L IS

冬眠穴周辺の環境がダメージを受けても、一定の場所にこだわる理由についてはいろいろあると思います。一番は子育ての場所として安全で、食べ物や水にも恵まれていることが考えられます。また、他の個体との関係で、この場所以外に移動しづらいのかもしれません。

今後もこの場所で継続して観察を続けることで、いろいろなことがわかってくると思います。ツキノワグマの自然の生態をじっくりと観察できるフィールドが戻ってきたことは、私にとって大きな喜びです。
by fieldnote | 2010-04-18 12:28 | ツキノワグマ