人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

親子グマに出会う

台風12号通過中の25日、風雨の強まる五葉山域で半日クマ探しをしました。丹念にミズナラ、コナラを見て回りましたが、まだ、食べに来てはいないようです。シカの姿もほとんど無く、こんな荒れた日は、動物たちは森の中で息を潜めているのでしょうか。
a0087133_1140100.jpg


そして、台風一過の今日も、また同じフィールドへ出かけてきました。気温はきのうに比べて7℃も高めの19℃で、カラッとした青空が広がっています。

いつものように、沿岸の国道から山に続く道路に入り、ヤマモモポイントをチェック。いい感じに色づいていましたが、たわわに実ったヤマモモの実をクマが食べに来た形跡はありませんでした。きっと、すぐ近くで始まった伐採作業で重機が動き回っているので、警戒して近づかないのかもしれません。

車をゆっくりと進めカーブを曲がった時、15mほど前方の道路にツキノワグマが2頭、歩いているのを見つけました。クマたちは驚いた様子でしたが、比較的ゆったりと左手の崖下に姿を隠しました。

車を道の脇に寄せてエンジンを切り、外に出てそっと下の様子を窺うと・・・
a0087133_065811.jpg
20mほど下の岩の上に母グマ、すぐ左の葉陰に子グマの姿がありました。


母グマは、道路の方を気にしている様子だったので、もしかするともう一頭の子グマが道路付近にいるのかもしれないと思ったりもしましたが、どうやら子どもは一頭だけのようです。できるだけ刺激しないようにゆっくりと動きながら、ビデオカメラをセットし、望遠レンズ付きのカメラも準備しました。

枯れ葉を踏む音も立てないように用心していたのですが、ふいに、上から車が近づいて来ました。走行音は相当なものでしたが、母グマはほとんど気にしていない様子でした。きっと、道路のそばで行動することが多く、慣れているのだと思います。
a0087133_025552.jpg
子連れなので、一応、いつ「突進」して来られてもいいように、クマ撃退スプレーを装着して警戒しながら撮影です。母グマは時々、こちらをじっと見つめたり、鼻を上げてにおいをかぐ仕草を見せていたものの、やがて動きが緩慢になり、しきりとあくびをしています。
a0087133_046566.jpg
間もなく、親子そろってお昼寝タイムとなりました。


耳だけは起きている母グマ
a0087133_0384376.jpg


ぐっすり眠っている子グマ
a0087133_03905.jpg



30分も経った頃、母グマが子グマの方を見て、しきりと何か促すような仕草を始めました。子グマは起き上がり、「グー、グー」という声を上げながら母グマに近づき、一緒に斜面を上がるようにして姿を消しました。
a0087133_059098.jpg
  子グマが近づき、母グマが起き上がった時、一瞬見えた月ノ輪

以上 Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ
     Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS
     Canon EOS40D   EF70-200mm F2.8L IS
  


母グマに近づきながら子グマが発した「グーグー」音は、とてもはっきりと聞こえました。この瞬間は残念ながらビデオを回していなかったので、その声や動きは記録できませんでした。写真とビデオの二刀流は、なかなか、悩ましい撮影であります。
by fieldnote | 2010-09-26 23:33 | ツキノワグマ

洗濯

今日は一日中、雨降りでした。きのうから空気が入れ替わり、最高気温は14℃ぐらいと、急に涼しくなりました。山の動物にも動きがあるかもしれないと気になって仕方なかったのですが、片道2時間半の距離が遠く感じて、出かけずじまいでした。

で、たまには愛用している小物の話題でも。

先日のことでした。山から戻ってきて車を降りるとき、いつものようにカメラからコンパクトフラッシュを抜き取りました。すぐに使うカメラは車に載せたままにしておくため、記憶メディアだけを持ってくる習慣が身についているのです。いつもはカードケースに納めてから家に入るのですが、その日は何らかの理由でケースに入れず、シャツの胸ポケットに入れました。

荷物を運んだり着替えたりしているうちに、ポケットの中身のことはすっかり忘れていたようです。シャワーを浴びている時、脱衣所で回っている洗濯機の中で、何かがカラカラと鳴るような聞き慣れない音がしているのに気づきました。最初はなんだかわからず、部品が外れた音かな・・などと考えていたのですが、しばらくして「はっ!」としました。あれは、シャツのポケットにしまったコンパクトフラッシュじゃないか。

急いで洗濯槽の中を手探りして、大きな音を立てているコンパクトフラッシュをサルベージしました。ですが、いくらエクストリーム仕様とはいえ、洗濯物や洗剤と一緒に、5分以上も水中でもみくちゃにされていたので、もう使い物にはならないでしょう。だいぶ前に購入したものですが、一度もトラブルを起こしたこともなく、まだ、しっかりと現役で働いていたものなので、かなりがっかりしました。

その後、まる2日以上自然乾燥してからカードアダプターに差し込み、全く期待せずにパソコンにつないでみたところ、なんと、正常に作動するではありませんか。
a0087133_23331274.jpg
 洗濯されてすっかりきれいなった San Disk ExtremeⅢ 2.0GB


さすがはSan Diskのエクストリーム! と感心はしているものの、このカードを大切な撮影に持って出ることは、当分無いと思います。
by fieldnote | 2010-09-23 23:55 | 道具、機材

クマ探し

今週末も、ツキノワグマの姿を求めて森を巡って来ました。天候は小雨、気温25℃前後で、山全体にガスがかかっていました。

コナラはミズナラとともに豊作です。
a0087133_2339494.jpg


2日間、あちこちのポイントを丹念に探しましたが、クマの姿はおろか、クマ棚、フンなどの痕跡も見つかりませんでした。この時期、イナゴを求めてやって来るクマが多いのですが、昨年に続き、イナゴの数は少なめです。クマのエサではありませんが、ダニ(フタトゲチマダニ)も少ないような気がします。草の中を歩き回っても、全くといっていいほど衣服に付いていないのです。猛暑の影響でイナゴもダニも「大発生か?」と思っていたのですが、ハズレでした。



ある場所で、幹に白い部分がある大木を見つけ双眼鏡で確認すると、ハチのような虫が集まっていました。凶暴性は感じなかったので近づいて撮影しました。家に帰って調べてみると、どうやらニホンミツバチのようです。
a0087133_23264387.jpg
  以上 Canon EOS40D   EF70-200mm F2.8L IS


ツキノワグマがやって来るのは、もう少し先のようです。
by fieldnote | 2010-09-20 23:58 | ツキノワグマ

偵察

9月に入り、ツキノワグマ観察の好機となりました。彼らの食べ物の様子などを見に、五葉山周辺に行ってきました。


ヤマモモです。今年もたくさんなっていました。
a0087133_6511947.jpg


ヤマブドウもいい感じ。
a0087133_6521798.jpg


ミズナラは実も大きく、たっぷりついていました。
a0087133_6531445.jpg


天気が悪かったせいか、若いキジが草の中でのんびりとエサ探し。ここでは常にイヌワシに狙われているので、晴れていたら、こんな目立つところには出てこないはずです。
a0087133_656358.jpg


シカたちも姿を見せました。
a0087133_6565898.jpg

a0087133_657211.jpg

a0087133_6574492.jpg


草が濡れているせいか、ツキノワグマのエサとなるイナゴたちの姿はほとんど見られませんでした。
a0087133_6595292.jpg
  以上  Canon EOS40D   EF70-200mm F2.8L IS
      Canon EOS-1D MarkⅢ  EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅱ

気温は高めでしたが(22℃)雨降りで暗く、ツキノワグマ日和でした。でもまだ、この辺りには来ていないようです。9月後半に期待したいと思います。
by fieldnote | 2010-09-13 07:05 | 五葉山

季節の変わり目

きのうの夕方、帰宅途中の空が見事な夕焼けに染まっていました。
a0087133_6583660.jpg
a0087133_6584920.jpg
  以上 Canon EOS20D   EF70-200mm F2.8L IS

このような色になるのは、ほんの2~3分。カメラを持っていなかったので、急いで家から持ち出して、玄関前で数枚撮影しました。

朝夕は、少しだけしのぎやすくなったこの頃、さすがの猛暑も少しずつ、次の季節にバトンを渡そうとしている気配を感じます。
by fieldnote | 2010-09-08 07:06 | 風景