人気ブログランキング |

とても久しぶりの更新となりました。この間、訪れていただいた皆様には申し訳なく思っています。

記事としてはいささか時季外れですが、6月から7月の初めにかけて、今年もホタルの観察に出かけてきました。6月下旬はゲンジボタル、7月に入ってからはヒメボタルを追いかけるのです。

7月6日、昨年から楽しみにしてた県南の山にヒメボタルを見に行きました。この場所を見つけた I さんに連絡を取り現地で合流。すでに多くのヒメボタルが明滅を始めており、はやる心を抑えて撮影の準備に取りかかりました。

地面の近くをゆっくり飛び交い、時に波状にあるいはシンクロする独特のフラッシュ光を放つその様子は、写真ではなかなか表現しがたい被写体です。でも、長時間露光で撮影した画像は、まるで天の川が地面に降りてきたような、不思議な感じに写っています。

a0087133_22275350.jpg
Canon EOS-1D Mark III  Ai Nikkor 28mm F2S ISO3200     7月6日 22:04から208秒露出



7月7日の七夕の夜も現地で撮影しました。きのうに増してさらに多くのヒメボタルが光っていました。
a0087133_2228422.jpg
Canon EOS-1D Mark III  Ai Nikkor 28mm F2S ISO3200     7月7日 21:26から238秒露出



a0087133_22291112.jpg
Canon EOS-1D Mark III  Ai Nikkor 28mm F2S ISO3200     7月7日 22:40から298秒露出


できれば動画で撮影したいのですが、光が弱すぎて手持ちの機材では不可能です。NHKの超高感度ハイビジョンビデオカメラなら、きっと美しく再現できると思うのですが・・・
by fieldnote | 2011-08-07 22:46 | ヒメボタル