人気ブログランキング |

オコジョの写真集

昨年の10月終わりに、出版社の方からこのブログのコメント欄に連絡があり、2月に出版されるオコジョの写真集に写真を提供することになりました。

このほど、出版された本が送られてきたのでさっそく拝見。CDケースよりちょっとだけ大きなサイズで、持って歩けるポケット写真集です。お値段は920円+税。Amazonでも購入できます。
a0087133_7515777.jpg

表紙のキャッチコピーを見たときは、「・・・・・」という感じでしたが、中味は各地の写真家等が撮影したオコジョの作品や生息地周辺の風景などが満載の「まじめ」な本です。


a0087133_114504.jpg


a0087133_1145279.jpg

私の写真は、昨年の8月に早池峰で撮影したものが2ページに渡って掲載されていました。紙媒体の出版物に自分の写真が掲載されるのはうれしいものです。
by fieldnote | 2015-02-28 12:25 | オコジョ

夕景

久しぶりにスッキリと晴れた夕刻、地球照が美しい月齢1.5の月のそばに、金星と火星が控えていました。
a0087133_3362522.jpg
GH4 + G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH  遠野市

夜の会議が始まる直前にバタバタしながら撮影したのでピンボケ(汗)でしたが、雰囲気をお伝えしたくて敢えて載せました。
by fieldnote | 2015-02-20 23:12 | 天体

氷筍

一定の条件の下で成長する氷筍(ひょうじゅん)ですが、今年は気温が高めに推移しており、急速な凍結と溶解の繰り返しのせいで、白く濁ったものが多くなっています。けれども、外気の影響を受けにくい場所にあるものは、概ね透きとおっていました。
a0087133_275479.jpg

a0087133_283693.jpg

a0087133_291435.jpg

a0087133_2111311.jpg
a0087133_2115084.jpg
以上 GH4 + G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH
by fieldnote | 2015-02-12 02:18 | 自然現象

薄暮時のISS通過

昨日夕方のISS。一昨日に続いての好パスでした。薄暮時だったので完全に露出オーバーになることを承知で6分間、シャッターを開けっ放しにして飛行軌跡を写し込んでみました。
a0087133_20363144.jpg
Canon EOS 5D MarkⅢ + SIGMA 15mm F2.8(f=8)  360秒 ISO100 遠野市

南西に広がる薄雲の向こう(画面右側)から姿を現したISSは、南東側の天頂に近い高度を通過し、北東の低空に消えていきました。
by fieldnote | 2015-02-08 14:51 | 天体

巨大人工衛星 

2月6日はISS(国際宇宙ステーション)の好パスということで、ぎりぎりまで仕事をしてから撮影に向かいました。

例によって、セッティングが終わったのはISS通過の1分前というゆとりの無さ。天体の撮影はいつもこんな調子で、「次こそ余裕を持って・・・」と反省するのですが、今のところ同じ事の繰り返しです。ただ最近、KIRKのクランプとRSSのL-ブラケットを購入してからは、セッティングが素速く楽にできるようになりました。良くできた道具は本当に役に立ちます。
a0087133_10114489.jpg
Canon EOS 5D MarkⅢ + SIGMA 15mm  F2.8  210秒  ISO800  遠野市


カメラを向ける方角や角度は、あらかじめ軌道情報で調べておきますが、実際には、ほぼ勘に頼っている状態です。今回のパスは高度50度以上となるのでレンズは対角魚眼を選択しました。南西の低空(画面左側)からやや暗い状態で現れたISSは、非常にゆっくりとした速度で北西側の頭上を通過してゆき北東の低空で見えなくなりました。

この夜は薄雲が常に流れていましたが、当地としては天候に恵まれた方で、冬の天の川や星座たちがにぎやかでした。少し暗くなったラブジョイ彗星(C/2014 Q2)も天頂付近によく見えていました。
a0087133_10433994.jpg
Canon EOS 5D MarkⅢ + SIGMA 15mm  F2.8  30秒  ISO2500  遠野市
by fieldnote | 2015-02-07 10:47 | 天体

早池峰厳冬

立春は過ぎたとは言え、最も寒さの厳しいこの時期。早朝の気温はマイナス10度を下回ります。早池峰にはガスがまとわりつき、頂上は見えにくいことが多いのですが、この日は薬師岳の右奥にちょっぴり姿を見せてくれました。
a0087133_6582148.jpg
GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm   遠野市
by fieldnote | 2015-02-06 07:00 | 早池峰

ずいぶん前のことになりますが、2008年7月から9月まで「もりおか啄木・賢治青春館」で「宮沢賢治と鳥っこ展」が開かれました。その際、nenemu8921さんからの依頼で多くの野鳥写真を提供したのですが、賢治作品に数多く登場するフクロウについては、会場にモニターを設置し映像を流すことになりました。それまで記録を続けていたフクロウの映像を元に、構想から編集まで大変な苦労をしてなんとか作り上げたのですが、その後は発表することもなくそのままになっていました。
a0087133_20133644.jpg
Canon XL-H1 EF300mm F4L IS


当時の私の編集環境では、せっかくHDVで撮影した素材をハイビジョンで編集することができなかったため画質の面で劣りますが、一から作り直す時間的ゆとりもないのでとりあえず公開することにしました。


Canon XL-H1 + XL5.4-108mm L ISll , EF300mm F4L IS 他


ところで、「本物のフクロウは見たこともない」という人が多いのですが、案外身近に生息しているものです。人々の生活環境や五感が変化して、ペット以外の野生の生きものの存在に気づきにくくなっているだけなのです。それは、高気密、高断熱の家屋に閉じこもり、必要以上に明るい照明の中に埋もれ、大音量のテレビやゲームに耽るような生き方を続けてきた結果なのだと思います。
by fieldnote | 2015-02-01 20:47 | フクロウ