人気ブログランキング |

ツキノワグマはどこへ?

先週末と今週末はツキノワグマの生息地を巡りました。昨年のデータを元に最も出現する可能性のある場所を重点的に歩いていますが、今の所、姿も痕跡もありません。

代わりにというのも何ですが、2週連続同じ場所でイヌワシを見ることができました。

先週は、大きな谷をはさんで対岸の森を眺めていた時、偶然、双眼鏡の視野に飛び込んできました。
a0087133_2157029.jpg

a0087133_22345748.jpg

以上 DMC-GH4 + EF500mm F4L IS  2015.9.5 遠野市


今日は、車を置いて歩いている時に、遠くの空に舞う2羽のイヌワシを見つけました。旋回を繰り返しながら、先週飛んでいた谷の上空に移動し、やがて見えなくなりました。
a0087133_21592082.jpg
GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm 2015.9.13  遠野市


イヌワシとの出会いはうれしいのですが、この時期にツキノワグマの痕跡が全く見られないのはとても気がかりです。
# by fieldnote | 2015-09-13 23:04 | イヌワシ

ツキノワグマの大好物

9月のベストシーズンに向けて現地調査をしてきました。冬眠を控えツキノワグマの食欲は日を追って増大していきます。その食欲を支える最も重要な食料はミズナラ、コナラの実です。

昨年、大きなツキノワグマがよじ登ってムシャムシャと実を食べ続けていたミズナラの木には、今年も大粒の実がなっていました。これで、この辺のツキノワグマは今年も安泰?
a0087133_21272244.jpg


夏から秋にかけての食べ物となるミズキの実もたわわに実っていました。
a0087133_2147235.jpg
以上 GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm

今日の調査では、ツキノワグマの痕跡は見つけられませんでしたが、その気配は感じることができました。あと一週間もするとクマたちは、ジューシーな青いミズナラの実を食べ始めることでしょう。


最新情報はTwitter
# by fieldnote | 2015-08-23 22:38 | ツキノワグマ

8月12日夜から翌13日の明け方にかけて、ペルセウス座流星群の撮影を行いました。宵のうちは天の川がくっきりと見える良い天気だったのですが、その後は断続的に雲が全天を覆う不安定な空模様に・・・

しかし、雲が多いことを予想して、雲の流れがアクセントとなるタイムラプス動画を作ることを前提に3台のカメラを空に向け、4時間半ほどシャッターを切り続けていたのが功を奏し、明るい流れ星をいくつかとらえることができました。

これはそのうちの1枚。一瞬、辺りが明るくなる程の大きな火球が雲の上を通過した時のものです。
a0087133_11331596.jpg
Canon EOS-1D MarkⅢ+SAMYANG 14mm F2.8 ISO3200 30秒 固定 拡散フィルター使用 2015.8.13撮影  北上市


最新情報はTwitter
# by fieldnote | 2015-08-14 12:22 | 天体

夏の星空をゆくISS

久しぶりの休日、昼間はSL銀河の撮影とツキノワグマの調査を行い、夕刻には油井宇宙飛行士の乗ったISS国際宇宙ステーションを撮影しました。
a0087133_0231098.jpg
Canon EOS 5D MarkⅢ + EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM  15mm 絞り開放  19:47~ 5秒×60枚  ISO640   2015.8.1  遠野市

今回は出現時刻や高度などの条件が揃った好パス。飛行の軌跡は切れ目を無くしたいのですが、十六夜の月と薄暮の空の明るさで長時間露出は無理。ISSが画角内に入っているおよそ6分間、シャッターを開けていると露出オーバーで空が白くなり、その軌道は消えてしまいます。

そこで、5秒露出したコマを60枚、比較明でコンポジットしてみました。コマとコマの間に1秒のブランクが入るので移動速度の速いISSは破線状に写りますが、星は移動速度が遅いので切れ目が目立ちません。満月過ぎの月は、昇るにつれて地上付近のモヤの影響を受けにくくなり明るさが増すため、だんだん太くなっていくように写ります。

写真の右手、南南西の方角から姿を現したISSは、サソリ座の上にある土星をかすめ、へびつかい座から夏の大三角を貫いて、東北東のペガスス座の方向へ消えていきました。



最新情報はTwitter
# by fieldnote | 2015-08-02 01:33 | 天体

ヘイケボタルは手ごわい

ゲンジボタルより身近な所で見られるヘイケボタル。地域の人が「ホタルがいた」とか「いっぱい飛んでいたよ」と言っているのは、ほとんどヘイケボタルの場合が多いですね。こちらでは田んぼで見かけることが多く、仕事の帰りに車を停めてライトも消し、目を凝らすと稲の上や側溝の辺りを飛んでいます。ゲンジボタルに比べると、目で見た感じはかなり暗く点滅の間隔は短めです。
a0087133_6582257.jpg
Canon 5DmkⅢ + Aiニッコール 28mm F2S  ISO2000  20秒  2015.7.3  花巻市


周りが明るいため、否が応でも背景が昼間のように写ってしまいます。撮影に関してはゲンジボタルより難しいと思います。
# by fieldnote | 2015-07-13 07:03 | ヘイケボタル

少しずつ上流へ

岩手県内陸部では、ゲンジボタルの見られる場所は川の上流部に移ってきました。夜になると気温が急激に下がるので、フリースを着込んでの撮影となります。ここのホタルは低温にもかかわらず、元気に飛び回っていました。
a0087133_232209.jpg
Canon 5DmkⅢ + Aiニッコール 28mm F2S  ISO1600  30秒  2015.7.5  北上市

なお、この川は前回アップした写真とは違う水系で、標高も少し高い場所です。
# by fieldnote | 2015-07-06 02:17 | ゲンジボタル

岩手県の中部では、ゲンジボタルのピークを迎えています。もちろん、川の状況や湿度、気温等の違いで、ホタルの出現状況は変化しますが・・・  この川は奥羽山系を源とし県の西部を流れる清流です。

a0087133_0273740.jpg
GH4+G X VARIO 12-35mm F2.8  16秒  ISO1000  6月29日  北上市


河畔林が密生し、流れの見えるところに近づくのが容易でないのですが、偶然、見つけた開けた場所で撮影することができました。
# by fieldnote | 2015-07-02 00:50 | ゲンジボタル

GH4で仕切り直し

6月24日に撮影したゲンジボタルの写真にちょっと納得がいかなかったので、仕切り直しということで撮影してきました。この日は、昼間蒸し暑かったので期待して出かけたのですが、夕方から雨が降り出してしまいました。途中、雨がフロントガラスにパラパラと音を立てるほど強く降っていましたが、現地に着いてみると小雨で、なんとか撮影はできる状態でした。

この空模様のため使用するカメラの選択に迷いましたが、24日に使ったEOS-1D Mark III にニコンのマニュアルフォーカスレンズの組み合わせはレンズが防滴使用でないため、GH4にG X VARIO 12-35mm F2.8 ASPHでいくことにしました。これならレンズも防塵・防滴使用なので多少の雨でも大丈夫だからです。ただ、GH4は、これまでの経験から20秒程度の露出でもノイズが発生しやすいことが分かっていたため、不安を抱えながらの撮影となりました。

a0087133_1037309.jpg
GH4+G X VARIO 12-35mm F2.8  20秒×4枚コンポジット  ISO1600  6月26日  遠野市


できあがった絵は、今回撮影したものの方が少し良くなったと思います。特にピントについては24日のものはよく確認しないまま撮影したため、今回は何度も試写を繰り返して追い込んでいきました。色調はマゼンタに転んでいたので少し補正をかけています。ノイズについてはコンポジットすることで気にならない程度に減らすことができました。

今回の撮影であらためて感じたのはファインダーの重要性です。GH4などのEVFは一般の撮影では、まだタイムラグが気になるものの、慣れ次第で便利に使えますが、ホタルや天体写真のように撮影対象が暗い場合はOVFの方が圧倒的に有利です。GH4ではファインダーが眩しくて構図やピント合わせが困難で使いづらいのですが、EOSのような光学ファインダーは夜空の構図決めも楽にできます。

撮影対象によってカメラを使い分ける状態はまだしばらくは続きそうです。でも、その方が本当は楽しいのだろうと思います。
# by fieldnote | 2015-06-28 12:16 | ゲンジボタル

遠野のゲンジボタル

前回の続きです。水面にホタルの光跡が映っています。すぐ近くのLED街灯、雲に反射する町の明かり、見物に来る人たちが照らす懐中電灯、野焼きの煙などに悩まされながらの撮影でした。
a0087133_6564177.jpg
Canon EOS-1D Mark III  NIKKOR-S・C Auto 50mm 1:1.4  ISO800   20秒  6月24日
# by fieldnote | 2015-06-25 06:58 | ゲンジボタル

水面に映るホタルの光

遠野市のゲンジボタル。少し風があり長袖でないと肌寒いような天候でしたが、午後8時半を過ぎると数が増えてきました。
a0087133_0255436.jpg
Canon EOS-1D Mark III  NIKKOR-S・C Auto 50mm 1:1.4  ISO800   20秒 6月24日
# by fieldnote | 2015-06-25 00:26 | ゲンジボタル

ゲンジボタルも早かった

例年より半月ほど早く、ゲンジボタルを撮影してきました。山の花も開花の時期が2週間ほど早まっていたので、ホタルも早く出てくるのではないかとの予想は的中。


星空に舞うゲンジボタル。数はまだ少ないのですが、ちょうど良いタイミングでカメラの前を横切ってくれました.
a0087133_23322873.jpg



道路の上に集まるゲンジボタル。近くの川面にその姿はありませんでした。
a0087133_053592.jpg
以上 5DmkⅢ + Aiニッコール 28mm F2S 30秒 2015.6.13  奥州市








# by fieldnote | 2015-06-13 23:45 | ゲンジボタル

今回は頂上へ

6月7日、日曜日の早池峰は、1週間前と打って変わって快晴の登山日和。登山者も多くにぎわっていました。撮影や録音は他の登山者の邪魔をしないように気を遣いました。

イワウメ、チングルマは盛りを過ぎたものの、まだ咲いており目を楽しませてくれました。
a0087133_705357.jpg



ミヤマシオガマは数が増えてきています。
a0087133_721869.jpg



今回は時間が早かったので頂上を往復してみました。透明度が良く、遠く鳥海山の姿も見ることができました。東側の稜線の雪は例年よりかなり少なめです。
a0087133_6465916.jpg



先週は見かけなかったビンズイやカヤクグリも登場しました。これは、終始にぎやかだったビンズイ。
a0087133_6483382.jpg



稜線上の御田植場付近にはカヤクグリの姿。
a0087133_6494763.jpg
以上 GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm    PowerShot S120     2015.6.7



昼間は姿を現さなかったホシガラスも、人が少なくなる午後遅くになると見かけるようになりました。生きものに出会うためには、やはり、人の少なくなる時間帯に出かけるのがよさそうです。
# by fieldnote | 2015-06-10 06:57 | 早池峰

イワウメ開花

予想はしていましたが、早池峰五合目は猛烈な風で、まっすぐ歩くことができませんでした。

a0087133_1505833.jpg
iPhone5s


a0087133_648267.jpg
PowerShot S120


a0087133_6482183.jpg
PowerShot S120       2015.5.31


周辺では例年よりかなり早く開花したイワウメがお花畑を作っていました。この分だと来週末には終わっているかもしれません。


*最新情報はツイッターで → https://twitter.com/fieldnote0014
# by fieldnote | 2015-06-01 01:36 | 早池峰

早池峰を歩く

今年の早池峰は雪解けが早く、花の開花も早かったようです。5月25日、小田越コースを五合目まで往復してきました。登山口から御金蔵までの間で出会った花や鳥たちの様子です。

ツバメオモト
a0087133_1315647.jpg


サンカヨウ
a0087133_1331973.jpg


オサバグサ
a0087133_1342594.jpg


森林限界付近
a0087133_1351589.jpg


ミヤマキンバイ
a0087133_1371587.jpg


ルリビタキ
a0087133_1375913.jpg


チングルマ
a0087133_1391325.jpg


チシマアマナ
a0087133_1394892.jpg


ホシガラス
a0087133_1403913.jpg


ヒメコザクラ
a0087133_1421875.jpg


頂上を臨む
a0087133_143853.jpg
以上 GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm  + EF300mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅲ  PowerShot S120  2015.5.25


オコジョに会いたかったのですが、かないませんでした。


*最新情報はツイッターで → https://twitter.com/fieldnote0014
# by fieldnote | 2015-05-26 01:48 | 早池峰

三日月と金星

フクロウの森で見た月と金星。あまりにもきれいだったので小さなカメラでスナップしました。
a0087133_2351769.jpg
 Canon PowerShot S120   ISO800  1/8   2015.5.21
# by fieldnote | 2015-05-21 23:55 | 天体

フクロウのヒナたち

巣立ちが近づくと、ヒナは巣の入り口に立ち外を眺めていることが多くなります。この日は、2羽のヒナが巣の入り口に立っていて、夕方の4時に母フクロウがエサを運んできました。カエルです。ヒナはしばらくくわえていましたが、やがて居眠りを始めウトウトしている間に落としてしまいました。あまりお腹がすいていなかったのだと思います。
a0087133_22562418.jpg
  2015.5.10 


2~3日後、2羽のヒナは巣立ちました。まだ飛べないはずですが、私が訪れた時は巣から離れた木の高い梢にとまっていまいた。まだ、自分でエサを獲れないので、親が運んでくるのをひたすら待ち続けます。昼間はじっとしていてほとんど動きません。
a0087133_2352447.jpg


a0087133_2354691.jpg
以上 DMC-GH4 + EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅲ  2015.5.16


この時点で、巣にはまだ少し小さいヒナが1羽残っていました。が、きのうの夕方、巣の入り口には2羽のヒナが立っているのを見つけました。今年のヒナはどうやら4羽のようです。



*最新情報はツイッターで → https://twitter.com/fieldnote0014

















# by fieldnote | 2015-05-17 23:24 | フクロウ

カエル合戦

少し前のことになります。標高800mほどの山中でクマ探しをしていると、近くでクククッ クククッというかわいい声が聞こえてきました。


声の主を探して倒木の穴の中をのぞいたら・・・
a0087133_0534140.jpg



ちょうど繁殖期だったようで、どこから集まったのか、たくさんのヒキガエルたち(おそらくアズマヒキガエル)が倒木の窪みにたまった水の中や落ち葉の上で、組んずほぐれつのカエル合戦を繰り広げていました。
a0087133_110538.jpg



こうなると、ちょっとやそっとでは動きません。
a0087133_111366.jpg
 以上 GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm   2015.4.26


ウン十年前の5月、山岳部の合宿で上高地から涸沢に向かっている時、徳沢の手前辺りで、まるで地面が動いているようなヒキガエルの大移動に出会ったことを思い出しました。
# by fieldnote | 2015-05-04 23:47 | ヒキガエル

フクロウの目覚め animal

フクロウの季節となりました。日中は巣の近くの木陰でうつらうつらとしながら過ごし、日が沈む頃からだんだんと目が開いてきます。もちろん、昼間も何かが接近したり気になる物音がすると、キッっという感じで身構えることはありますが、基本的には眠っています。この画像は目が覚めてきた頃に西の空を見つめているところ。瞳に空が映っています。「さあ、今日も一日が始まるぞ」とつぶやいたりしているのかも・・・

a0087133_6582090.jpg
DMC-GH4 + EF500mm F4L IS   2015.4.29



昨日は、朝と夕方に生息地に立ち寄ってみました。朝はしばらく観察していると、いきなり地面に向けて飛び立ち、そのまま帰ってきませんでした。夕方は朝と同じ枝にとまっていました。暗くなる前に、おそらく獲物を探しに行くのでしょう、狩り場の方向に飛び立っていきました。
# by fieldnote | 2015-04-30 06:59 | フクロウ

サクラ蒸機 2015

4月25日、遠野のサクラは満開でした。そして、この日はSL銀河C58239の今年度通常運行の初日。

SL銀河が通過する3時間ほど前に、昨年目星を付けておいたサクラのポイントに行ってみると、ズラリと並んだ三脚と大勢の鉄道ファン・・・  ここまでたくさんの人が集まるとは考えていませんでしたが、周りの方にあいさつしながら場所を探し、イメージしていた絵が撮れそうな場所に何とか三脚を置くことができました。

サクラはちょうど満開でこれ以上は無いというほどのタイミング。途中、強風で周りの人たちが置いた三脚がバタバタ倒れるアクシデントもありましたが、C58239は定刻に現れ、サクラのトンネルをゆっくりと通過していったのでした。
a0087133_654374.jpg
GH4 + G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH   4K動画より切り出し   2015.4.25  遠野市綾織町
# by fieldnote | 2015-04-29 07:09 | SL銀河

子連れのツキノワグマ animal

ここ数年、春から初夏のシーズンは、クマとの遭遇率が非常に高い北上高地の山中にあるこのエリアに通っています。

今日は朝からの雨に加え、山肌にガスが濃く薄くまとわりつく厳しいコンディションでしたが、子グマを2頭連れた母グマと、別の成獣1頭を観察、撮影することができました。
a0087133_23593550.jpg
TSN884+VA3+G X VARIO PZ 45-175mm+GH4  2015.4.20


子連れのクマの行動は、長時間見ていても飽きません。母グマは基本的には優しいお母さんで、やんちゃな子グマのわがままも、「しょうがないわねえ」という感じで受け流したり、辛抱強く待ったりしています。が、危険な事をしたり、わがままの度が過ぎたりすると、きつく叱ります。今日は一度だけ、遠く離れた私にも母グマが子を叱る大きな咆声が聞こえてびっくりしました。















# by fieldnote | 2015-04-20 23:45 | ツキノワグマ

初グマ

最近は気温が高めに経過しているため、ツキノワグマの目覚めも早くなってきているようです。私は3月半ば過ぎからクマ探しを始めましたが、ある生息地の地元の方の話でも、3月には姿を見ていたそうです。

4月5日、いつもの生息地で、昨年もこの辺りにいた個体と思われるツキノワグマと再開を果たしました。
a0087133_2253522.jpg

a0087133_22544259.jpg
以上 DMC-GH4 + EF500mm F4L IS


a0087133_23154282.jpg

a0087133_2255161.jpg
以上 Canon 5DmkⅢ+70-200mm + Extender ×1.4Ⅲ


まだ、多くの残雪が残る標高の高い場所で、食べ物になる草や木の芽はほとんど無いため、雪の上に落ちている小さな種子や羽虫を口に入れていたようです。

きのうも現地に行きましたが、遠くの稜線上に親子グマの姿が見られたものの、このクマに会うことはできませんでした。
# by fieldnote | 2015-04-12 23:32 | ツキノワグマ

とりあえずアップします。

食の最大の頃
a0087133_77542.jpg
DMC-GH4 + EF500mm F4L IS + Extender ×1.4Ⅲ 1/3秒  ISO3200


皆既中の夜空と東北新幹線の光跡
a0087133_772295.jpg
Canon EOS 5D MarkⅢ + EF17-40mm  F4L   10秒   ISO800
# by fieldnote | 2015-04-09 07:10 | 天体

揺れる季節 

今朝は積雪が10㎝近くあり、ちょっと驚きました。最近の天候は暖か過ぎるくらいだったり、いきなり雪がたくさん積もったりと極端に変化して季節が行ったり来たりの状態です。
a0087133_7104513.jpg
GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm

タンポポではありません(笑) フクジュソウの群落ですね。いつものクマのフィールドです。



a0087133_7123699.jpg
  iPhone5s

21日に訪れたときは、ほぼ満開状態でした。でも、今朝は雪に埋もれてしまっているかもしれません。
# by fieldnote | 2015-03-24 07:16 | 植物

オコジョの写真集

昨年の10月終わりに、出版社の方からこのブログのコメント欄に連絡があり、2月に出版されるオコジョの写真集に写真を提供することになりました。

このほど、出版された本が送られてきたのでさっそく拝見。CDケースよりちょっとだけ大きなサイズで、持って歩けるポケット写真集です。お値段は920円+税。Amazonでも購入できます。
a0087133_7515777.jpg

表紙のキャッチコピーを見たときは、「・・・・・」という感じでしたが、中味は各地の写真家等が撮影したオコジョの作品や生息地周辺の風景などが満載の「まじめ」な本です。


a0087133_114504.jpg


a0087133_1145279.jpg

私の写真は、昨年の8月に早池峰で撮影したものが2ページに渡って掲載されていました。紙媒体の出版物に自分の写真が掲載されるのはうれしいものです。
# by fieldnote | 2015-02-28 12:25 | オコジョ

夕景

久しぶりにスッキリと晴れた夕刻、地球照が美しい月齢1.5の月のそばに、金星と火星が控えていました。
a0087133_3362522.jpg
GH4 + G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH  遠野市

夜の会議が始まる直前にバタバタしながら撮影したのでピンボケ(汗)でしたが、雰囲気をお伝えしたくて敢えて載せました。
# by fieldnote | 2015-02-20 23:12 | 天体

氷筍

一定の条件の下で成長する氷筍(ひょうじゅん)ですが、今年は気温が高めに推移しており、急速な凍結と溶解の繰り返しのせいで、白く濁ったものが多くなっています。けれども、外気の影響を受けにくい場所にあるものは、概ね透きとおっていました。
a0087133_275479.jpg

a0087133_283693.jpg

a0087133_291435.jpg

a0087133_2111311.jpg
a0087133_2115084.jpg
以上 GH4 + G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH
# by fieldnote | 2015-02-12 02:18 | 自然現象

薄暮時のISS通過

昨日夕方のISS。一昨日に続いての好パスでした。薄暮時だったので完全に露出オーバーになることを承知で6分間、シャッターを開けっ放しにして飛行軌跡を写し込んでみました。
a0087133_20363144.jpg
Canon EOS 5D MarkⅢ + SIGMA 15mm F2.8(f=8)  360秒 ISO100 遠野市

南西に広がる薄雲の向こう(画面右側)から姿を現したISSは、南東側の天頂に近い高度を通過し、北東の低空に消えていきました。
# by fieldnote | 2015-02-08 14:51 | 天体

巨大人工衛星 

2月6日はISS(国際宇宙ステーション)の好パスということで、ぎりぎりまで仕事をしてから撮影に向かいました。

例によって、セッティングが終わったのはISS通過の1分前というゆとりの無さ。天体の撮影はいつもこんな調子で、「次こそ余裕を持って・・・」と反省するのですが、今のところ同じ事の繰り返しです。ただ最近、KIRKのクランプとRSSのL-ブラケットを購入してからは、セッティングが素速く楽にできるようになりました。良くできた道具は本当に役に立ちます。
a0087133_10114489.jpg
Canon EOS 5D MarkⅢ + SIGMA 15mm  F2.8  210秒  ISO800  遠野市


カメラを向ける方角や角度は、あらかじめ軌道情報で調べておきますが、実際には、ほぼ勘に頼っている状態です。今回のパスは高度50度以上となるのでレンズは対角魚眼を選択しました。南西の低空(画面左側)からやや暗い状態で現れたISSは、非常にゆっくりとした速度で北西側の頭上を通過してゆき北東の低空で見えなくなりました。

この夜は薄雲が常に流れていましたが、当地としては天候に恵まれた方で、冬の天の川や星座たちがにぎやかでした。少し暗くなったラブジョイ彗星(C/2014 Q2)も天頂付近によく見えていました。
a0087133_10433994.jpg
Canon EOS 5D MarkⅢ + SIGMA 15mm  F2.8  30秒  ISO2500  遠野市
# by fieldnote | 2015-02-07 10:47 | 天体

早池峰厳冬

立春は過ぎたとは言え、最も寒さの厳しいこの時期。早朝の気温はマイナス10度を下回ります。早池峰にはガスがまとわりつき、頂上は見えにくいことが多いのですが、この日は薬師岳の右奥にちょっぴり姿を見せてくれました。
a0087133_6582148.jpg
GH4 + G X VARIO PZ 45-175mm   遠野市
# by fieldnote | 2015-02-06 07:00 | 早池峰

ずいぶん前のことになりますが、2008年7月から9月まで「もりおか啄木・賢治青春館」で「宮沢賢治と鳥っこ展」が開かれました。その際、nenemu8921さんからの依頼で多くの野鳥写真を提供したのですが、賢治作品に数多く登場するフクロウについては、会場にモニターを設置し映像を流すことになりました。それまで記録を続けていたフクロウの映像を元に、構想から編集まで大変な苦労をしてなんとか作り上げたのですが、その後は発表することもなくそのままになっていました。
a0087133_20133644.jpg
Canon XL-H1 EF300mm F4L IS


当時の私の編集環境では、せっかくHDVで撮影した素材をハイビジョンで編集することができなかったため画質の面で劣りますが、一から作り直す時間的ゆとりもないのでとりあえず公開することにしました。


Canon XL-H1 + XL5.4-108mm L ISll , EF300mm F4L IS 他


ところで、「本物のフクロウは見たこともない」という人が多いのですが、案外身近に生息しているものです。人々の生活環境や五感が変化して、ペット以外の野生の生きものの存在に気づきにくくなっているだけなのです。それは、高気密、高断熱の家屋に閉じこもり、必要以上に明るい照明の中に埋もれ、大音量のテレビやゲームに耽るような生き方を続けてきた結果なのだと思います。
# by fieldnote | 2015-02-01 20:47 | フクロウ